消防士の仕事、それは火災を鎮めることと現場にいる"命"を救うこと。その命には"人"や、"その他の動物"といった差はありません。すべて等しい価値の命なのです。

出典 http://www.boredpanda.com

1.

火災現場から、プードルを救出した直後の様子。 真っ白だったはずの、プードルの身体。火の恐ろしさが伝わってくるようです。

出典 http://www.boredpanda.com

http://static.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2016/05/firefighters-rescuing-animals-saving-pets-10-5729a90abf0d0__605.jpg

出典 http://www.boredpanda.com

3.

よほど火が怖かったのか、とても不安そうな表情を見せる猫ちゃん。

出典 http://www.boredpanda.com

4.

この子も怖かったのでしょう。消防士さんの身体に力いっぱい抱きついています。

出典 http://static.boredpanda.com

5.

少し興奮気味の猫ちゃん。少しずつでも、落ち着きを取り戻すことを願うばかりです。

出典 http://www.boredpanda.com

6.

山火事の被害に遭ったコアラ。コアラは、普段は滅多に直接水を飲むことはないようです。よほど喉が渇いてたことが分かります。

出典 http://www.boredpanda.com

7.

小さな小さな赤ちゃんハムスターに、酸素を送っている様子。たとえ小さくても、1つの命には変わりません。

出典 http://www.boredpanda.com

8

車が事故を起こし炎上。そこから救出されたワンちゃん。
励ます消防士の姿が印象的です。

出典 http://www.boredpanda.com

9.

自身も着ける必要がある酸素マスクを、まずはワンちゃへ…。
消防士の優しさ溢れるシーン。

出典 http://www.boredpanda.com

11.

モルモットへ、酸素マスク。
取り残されるのは、ワンちゃんや猫ちゃんだけではありません。

出典 http://www.boredpanda.com

12.

救出したペットへ、人口呼吸を行う消防士。
"命の重さに差はない"そんなことを感じさせられます。

火災現場から、命を救い出す消防士。勇気と優しさがなければ、とても務まる仕事ではありません。
また、救出されたペットたちからは、火への恐怖が簡単に消えることはないでしょう。その心の傷を癒すことが出来るのも、また人の優しさではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

PECO このユーザーの他の記事を見る

ペットとの毎日がもっと楽しくなる|PECO [ペコ]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス