現在、がんの治療をおこないながら、働いている人は32万5000人にのぼると言われています(国立がん研究センター)。
がんと就労の両立のため、「実際に癌の診断を受けた際に知っておきたいこと」をお伝えします。

二人に一人が癌になる、と言われている時代。

「自分はがんにならない」そう根拠のない自信を掲げて、一時は安心してみても、心の何処かで「もし、がんになったら」という想像をしている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、今後の国の課題にもなっている「がんと就労」について、今一度、大切なことをお伝えしていきます。

がんの診断をうけた際、気に留めておきたいこと

がんの告知を受けた多くの人は一瞬、頭が真っ白になってしまいます。

その理由のひとつとして、「まさか自分は癌にはならないだろう」という思い込みがあげられます。

これはサッカーのPKで例えるなら、ゴールキーパーが「この方向にボールを蹴ってくる」という思い込みの逆をつかれてしまって、シュートを決められてしまうようなもの。

予想と逆をつかれてしまったという、心理的な要因です。

だからこそ、まずは冷静さを取り戻すことが先決。

出典 http://melipa.com

自分では落ち着いていると思っていても、そうでないことも多いです。
心理的にどこか焦りを感じている状態のまま、物事を決めてしまうとおそらくはロクなことになりません。

ということで、まずはがんの診断を受けたら確認したいこと3つを記載します。

① 仕事を辞めてはいけない
② 会社の制度を確認する
③ 公的なサポートを活用する

出典 http://melipa.com

その① 仕事を辞めてしまわない

癌と告知されたら、最初にしてしまいがちなことが、辞職です。

これは、会社側から退職を迫られるというよりかは、癌と告知された側の人が、自分が残ると会社側に迷惑になってしまうと、自ら辞めてしまうケースです。

他、がんを治したいと思うあまりに、治療に専念したいと思い、辞めてしまうケースもあります。

とにかく、落ち着けるまでは、重要な決断は先送りにする方が懸命です。

その② 就業規則を読む

大企業・中小企業問わず、会社側にも闘病などの緊急時に対応するサポート制度がある場合が多いです。

それが、傷病休暇・時短勤務・有給休暇などの「保証休暇制度」です。まずは、会社の就業規則を読んでおきましょう。

ここでは、国立がん研究センターで紹介されていた保証休暇制度を実際に利用した、ある患者さんの例をご紹介します。

手術・入院(1週目)、自宅療養(2・3週目)⇨ 傷病休暇を使用
職場復帰(4・5週目)⇨ 時短勤務を使用(時短勤務は、一日単位ではなく、時間単位でとれる会社もある)
抗がん剤治療(1週間)⇨ 有給休暇を使用

出典 http://melipa.com

その③ 公的な支援を利用する

癌と就労の問題は、国でも重要な課題のひとつとなっています。

平成24年度に発表された「がん対策推進基本計画」の中に、働く世代のがん対策の強化が盛り込まれています。
これにより、全国のがん診療連携拠点病院などには、がん相談支援センターが設置されています。

がん相談支援センターでは、社労士・看護師・ソーシャルワーカー・社会福祉士などが在駐し、癌サバイバーの相談に応じています。

また、ハローワークと連携し、仕事を紹介している所もあります。
これは、誰でも無料で利用することができるようになっています。

うまくいっていない課題のひとつ

がんと就労の問題において、うまくいっていないことのひとつが、がん患者・医療側からの、会社側への治療や状態に関する情報伝達です。

出典 http://melipa.com

普段から医療情報に触れていなかった人たちにとって、病院で伝えられた治療情報をうまく会社側へと伝えるということは、少しハードルとなっている様子。

できるだけ簡潔に伝えることができるように、自分の治療情報を会社側へ伝えるための「ひな形」を作成してしまいましょう。

それを使用して情報を伝えるようにすれば、少し伝えやすくなると思われます。

現在では、中小企業含め、協力的な経営者が増えてきていると言いますし、恐れずに伝えていきましょう。

ちなみに、松下産業では、在宅勤務制度を導入したり、がん治療中の方も「皆とつながっている」意識を社内でもってもらおうと、「がんになった従業員の日記などを社内報で公表する」という取り組みをおこなっています。

そうした取り組みをおこなっている会社の経営者ほど、「サポートをおこなうのは当たり前だ」という意識をもっています。そこには、社員は大切であるとの経営者の本音が感じられます。

この記事を書いたユーザー

meripa-walker このユーザーの他の記事を見る

医療が集う情報サイト「メリパ」ライターアカウントです。

権利侵害申告はこちら