ニューヨークに本拠地を置き、全米各地で主に犬の保護活動をしている団体『Guardians of Rescue』
ある日、団体に一本の連絡が入りました。それは「誰もいない家から犬の鳴き声が聞こえる」というもの。
どうやらそこの家主は何か事情があって、その家を引き払い出て行ってしまったのだそう。

もぬけの殻となったはずの家、でしたが夜な夜な聞こえてくる犬の鳴き声が気になった隣人による連絡でした。
そうして通報を受けて現地に向かったリーダーのフランキー・フロリディアさんとGuardians of Rescue数人のメンバー。

そこで彼らは心を打ち砕かれるような酷い光景を目の当たりにします。

部屋にいたのは……

それは男の子と女の子の2匹のピットブルの姿。
1匹は狭い部屋の中、そしてもう1匹はなんとケージに入れられたまま、彼らは何日間も空になった部屋の中に閉じ込められていたのです。

辺りは汚物にまみれ、猛烈な異臭を放ったその凄惨な光景に言葉を失う職員の人々。
絶望に覆われた彼らの表情が、これまでの地獄の日々を雄弁に物語っていました。

人の裏切りを発端としている以上、無闇に近づけば攻撃される危険性もある。
慎重に彼らに近づくフロリディアさん、しかしピットブルたちは決して攻撃してくることはありませんでした。

撫でてやると尻尾を振り、体を摺り寄せてくる彼ら。
こんなことをされても、彼らは人を信じ怒りをぶちまけるようなことはありませんでした。

そうして無事保護された2匹。
幸いにも、監禁されていた数日、隣家の人が部屋の中に食べ物を投げ入れていたことが功を奏し、2匹は重篤な状態に陥らずに済んだようで、命に別状はなく、すぐに元気を取り戻しました。

今、女の子のピットブルは『スカイ』、男の子は『マックス』と名付けられそれぞれ新しい里親の元へ。
もう二度と裏切られることのない、安息の場所で幸せな生活を送っています。

「動物は言葉を話すことは出来ない、だから私たちが彼らの声の代わりとなる。2匹が無事で本当に良かったよ」
今回の救助について、そう語るフロリディアさん。

彼らの言葉を聞かなければいけないのは、本当は飼い主の責務。
だけどその責任を放棄する人々は少なくありません。

それにより悲しい思いをしているワンちゃんたちを今もなお救い続けている、Guardians of Rescueをはじめとした保護団体の人々には本当に頭が下がります。

この記事を書いたユーザー

PECO このユーザーの他の記事を見る

ペットとの毎日がもっと楽しくなる|PECO [ペコ]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス