日本でも一大流行となったポケモンGO

Licensed by gettyimages ®

都心だけでなく、全国どこでも、道を歩けばあそこにも、ここにも、ポケモンのトレーナーが・・・

子供たちも勿論、喜びいさんで参加しているようで、スマホをもってうろうろ・・・公園のあちこちから歓声が上がる週末でした。

子供がプレイする上で、危険はないの?

Licensed by gettyimages ®

上陸前に心配された、道に飛び出したり、追いかけたり・・・というような心配は、プレイしてみてほぼしなくて良いとわかりました。

危険を最小限に減らすプレイの仕方をまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

ポケモンGO 基本の遊び方

Licensed by gettyimages ®

街を歩くと、ポケモンがみつかります。そこで、モンスターボールを投げて、ポケモンをゲットだぜ!
また、ポケモンの卵をふかそうちに入れて、2km、5kmなど決められた距離を歩くと卵が孵化します(ポケモン、ゲットだぜ!)。

そこで問題になるのが、歩きスマホです。

うろうろスマホをかざして歩いている大人や子供にぶつかられた!という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は歩きスマホはやりたくなってしまうゲームではあるものの、「歩きスマホ前提のゲーム」とはいえないんです。

地図上に、ポケモンが出現!その時・・・

Licensed by gettyimages ®

表示された地図の上に、自分のアバター、ポケステーションと呼ばれるアイテム補給場所が表示されています。

そこをアバターとともにテクテク歩いていると、スマホに振動が・・・ポケモンが現れた!そう、ポケモンが出現すると、ちゃんとお知らせがくるんです。

そうなったら、端へ寄って、安全を確保してからポケモンをゲットする画面に切り替えればいいのです。

ポケモンは動かない

出典MCIC

ゲットする画面になったら、逃げることもありますが、基本的にポケモンは画面上でちょこまか動いたりはしません。

ボールを待ち受けてじっと相対しているのです。一緒に写真を撮るもよし、さっさとゲットするもよし。子供がポケモンを追いかけて飛び出してきたー・・・!!!などという話には、だからあまり信憑性がないんです。

ボールを投げるのはちょっと難しい

出典MCIC

五歳の息子でも、ちょっと苦労しています。なので、しっかり投げられるように、年齢によっては親がサポートしてあげる必要があるかもしれませんね。

とはいえ、2歳の娘はモンスターボール投げが異常にうまいので、上達の早い子供はあっという間にできるようになります。

感覚的にプレイできるのもいいところ。

遊ぶ上で、気をつけることは?

Licensed by gettyimages ®

とはいえ、道で歩きながら・・・は確かに危険が多いのも事実。小さな子どもとプレイする際には

・いくつかスポットが設定された大き目の公園でプレイする
・大人があまりプレイしない朝~昼間に(夜間は大人が多いです)
・私有地に決して入らない
・夜に出歩かない
・大人と一緒にプレイする

以上の注意が必要だと思いました。

特に、夕方~夜間の一人歩きは決してさせないようにしましょう。私の家はポケステが山ほどある地域なのですが、夜になるとそこに課金する大人がたくさんいるんです。

そのため、20時を過ぎているのに、自宅の下から子供たちの嬌声が聞こえることも・・・・・・ふだんは全くそのような事がないので、ポケモンGOで出歩いていると思われます。

夜には人気のない学校などにも課金されることがありますので、必ず保護者同伴で!

コミュニティバスででかけよう

Licensed by gettyimages ®

実は、10km以下で歩かなければ反応しない、卵のふかそうち。でも、地域をめぐる小さなバスだと、そこまでスピードを出していない可能性も!

ですので、座ったまま、地域のポケステをめぐる旅にでるのもオススメです。
1日乗車券を買って、この近くに持ってないポケモンが!となったら降りて捕まえる・・・というのも冒険らしくていいかもしれませんね。

ポケモンを探していた子供が・・・

出典MCIC

ふと見上げると、たくさんのセミの抜け殻が!ポケモンだけじゃなくて、普段は気にもとめない道のモニュメントや、虫の痕跡などを見つけて喜ぶのもいいところ。

また、ポケステは歴史ある石碑やアート作品に設定されていることも多いので、親子でどんな石碑なのか、だれがどんな意味をもって作ったのか確認するのもいいかもしれませんね。

ぜひ、この夏、親子でポケモンGOにハマってみてはいかがでしょうか?

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス