海外TVドラマ『アロー』を楽しむ



毎日、暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回も、海外TVドラマの紹介で、『アロー』を掲載してみます。
 すでに大人気のシリーズ、次の『シーズン4』のDVDが2016年夏〜秋頃の予定だそうですので、この機会にまとめてみました(3つ記事が続きます)。

 ---- 目次- - -- - - - - - - - - -
(A) 概要
(B) 見所のポイント
(C) ストーリー
(D) 出演
 ---- - - -- - - - - - - - - -

(A) 概要

 正式邦題は、「ARROW/アロー」。
原題は、「Arrow」(2013)。



 なお、現在、レンタルDVDでは、シーズン3終了まで出ていますが、この記事では、シーズン2あたりまでの内容とさせていただきます。

 ちなみに、シーズン2の第1巻には、冒頭の1話として割と長めの「今までのストーリーは」が付いております。

 物語は、スターリング・シティの大富豪の息子が乗ったヨットが嵐で遭難し、5年後に生還するが、彼は全く別の人間になって戻ってきた、という所から始まります。

 ---- - - -- - - - - - - - - -

(B) 見所のポイント

 物語の舞台になるのは、架空の都市『スターリング・シティ』と太平洋の絶海の孤島『リアン・ユー(Lian Yu)』。

 この2箇所を中心に、過去・現在をからめて、行ったり来たりのシーン構成となっている。

主な見所のポイントを列挙すると、

① コミック原作ながらも、現代にその設定を移した新しい作品。

② スピード感あるシーンが連続して進む、つまり、ぜい肉のないストーリー展開で、目が離せない。

③ そのシーンにあった、音楽や効果音もすばらしい。

④ 最初は、某ヒーローの二番煎じかと思いきや、予期せぬ展開が次々と起こるだけでなく、人物も多彩で、感動を与える話しもあり、次回がどうなるか待ち遠しくなる。

⑤ 状況設定は現代なので、家や車はもちろん、家具、衣装などファッショナブル。

⑥ 美男・美女がそろった俳優陣、そして新しいキャストの編入出も多くあり、飽きさせない。

 ---- - - -- - - - - - - - - -

(C) ストーリー

 『スターリング・シティ』では、最近、次々と『制裁』とも思える悪人たちへの攻撃が始まっていた。

 いずれの現場も、『特殊な弓矢』を持った、『緑のフード』の人物が目撃されており、声は変えられているが、男性らしかった。

 『スターリング・シティ警察署』の「クエンティン・ランス刑事」は、容疑者を『フード男』と呼び、街の安全をおびやかす存在とみたが正体がわからず、対応に苦慮していた。

 一方、TVのニュースで今話題となっているのは、ヨット事故で遭難し生存があやしまれていたが、5年ぶりに無事生還を果たした、『スターリング・シティ』の大富豪の息子「オリバー・クイーン」だった。

 しかし、父「ロバート・クイーン」は犠牲となっており、母「モイラ」は、夫ロバートの『クイーン産業』を引き継いだ「ウォルター・スティール」に力になってもらっていた。
 オリバーの妹の「テア」の方は言えば、父と兄を失ったと思って悲しみにくれ、道をはずしつつあった。

 オリバーは、ランス刑事の娘「ダイナ・”ローレル”・ランス(以下、ローレル)」と付き合っていたのだが、ヨットの事故では、ローレルの妹「サラ」と一緒に居たというので、ローレルは、オリバーの親友「トミー・マーリン」に相談にのってもらうようになった。

 そんな折、また、新たな事件が発生し、ランス刑事が駆けつけてみると…。

(1/3)

( D-出演 )は(2/3)で。

[18の1]

この記事を書いたユーザー

マーク2世 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 話題
  • マネー
  • インターネット
  • 広告
  • グルメ
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら