おバカな動画を日々アップしているYouTubeチャンネル「MoreJStu」の“Justin”と“Andrew”が

ただただ目立ちたい!

という一心で開発したという

レゴチャレンジ

これが見ているだけでも痛さが伝わってくるほどの誰得「激痛チャレンジ」だったので紹介したいと思います。

小さくて固いレゴを無防備に踏んでしまった時の…トラウマになりそうなくらい激しい痛み。経験がある方はご存知かと思いますが、そんな、脳天に突き抜ける痛みを競技化した

レゴチャレンジ

なる誰得新競技は…

単純明快!レゴの上を駆け抜けるという…ただそれだけなのですが、1個でも激痛が走るレゴを、なんと数百個も並べ駆け抜けるというこのチャレンジは、見ているコチラ側も思わず顔を歪めてしまうほどの…超絶激痛競技。

これは罰ゲームとして今後、世界中で流行るかもしれませんよ!

準備の段階ですでに嫌そうな開発者。(笑)

また、地面に無造作に配置されるレゴは、想像しただけでも激痛が走る鋭利なモノばかり!

これは痛いに決まってます!

なぜ、開発してしまったのか…

きっと、後悔しているに違いない“Justin”と“Andrew”。(笑)

そして、いよいよスタートの時が!

複雑な表情を浮かべるも…

カウントダウンを前に準備する“Justin”。

では、衝撃の一部始終。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

ギャァァァ(゚Д゚)ァァァアアアア!!!

足つぼマットの数十倍は痛いであろう…

レゴの上を、悶えながら進む“Justin”。

止まっても地獄。手をついても地獄。

過去にこれほどまでに地獄なチャレンジ。存在したでしょうか?

ゴール後、その場にうずくまり…涙目の“Justin”。これは開発した事を激しく後悔しているに違いありませんね。(笑)

定期的に話題になる「○○チャレンジ」ですが、一切、話題になることなくフェードアウトしていった「レゴチャレンジ」(笑)。興味を持った方は是非一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス