東日本大震災以降、「絆」を求めて、結婚する人が増えている。だが、何年も前から、離婚する人も増えている。そしていま、再婚する人まで増えていると言う。

男女が結ばれて、家庭を持ち、子どもを作ることは好ましい。日本経済にとっても、望むべきことである。だが、どこか違和感が残る。

安易な結婚、安易な離婚、安易な再婚。そんな思いが頭をよぎる。軽いノリで結婚するから、簡単に別れることができるのでは? 簡単に別れることができるから、また再婚するのでは?

「一生添い遂げろ」などと言う気はないが、理想として持っていなければいけない考え方ではないか。本気で愛し、愛されてこその結婚ではないか。

「絆」結婚もそうだが、愛というよりも、心のどこかに「淋しいから」という気持ちはないだろうか。淋しさを紛らわすために、相手を探してはいないか。

夫婦・カップル間の問題・事件を見ていると、本当に愛情で結ばれたのか、と疑ってしまうことが多い。どちらかの連れ子を相手が虐待する事件の多さを見ると、そこに愛があるとは思えない。安易な再婚ではないかと思う。

このように、疑問のある結婚・離婚・再婚ではあるが、ビジネス界としては、チャンスだと捉えている。震災以降、地味婚の流れが派手婚に戻り、結婚ビジネスが盛り返している。

商売になるとも思えなかった離婚までもが、新たなビジネスチャンスとなっている。2人で再出発を決意する「離婚式」なるイベントが流行りつつあり、「離婚式プランナー」という検定試験まで行われている。

暗い別れより、明るい別れの方が良いかもしれないが、この軽さが離婚を助長してはいないだろうか。

そして、従来ならば、籍を入れるだけというイメージの再婚までもが、派手婚になっている。年代的にアラフォーが多いようだが、一度目の結婚が地味婚だったので、今度はきちんとやりたいと思う人が多いと言う。二度目だから静かに、という考えはないようだ。

結婚・再婚が多くなるほど、住宅・家具インテリア・生活雑貨などの業界は活況を呈す。離婚によって、リサイクルショップに商品が増えるので、活気が出ていると言う。日本経済にとっては、良いことなのかもしれない。

だが、これで良いのか。理想の結婚ができるように導くことの方が重要なのではないか。社会全体の考え方を変えなければならない。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら