彼の姿は、一瞬目を覆いたくなる姿かもしれません。
彼の名はミート・グラハムといいます。
実はグラハムはオーストラリアの交通事故委員会による交通安全キャンペーンのために生まれた、等身大のフィギュアなのです。

このグラハムを生み出したのがメルボルンに拠点を置くアーティストのパトリシア・ピッチニーニとオーストラリアの一流の外科医、そして事故調査の専門家が共同で生み出したのです。

彼らは交通事故に遭ったときに耐えられる身体を綿密に計算しそして等身大のフィギュアを作ったという事なのです。
それがグラハムです。

どんな交通事故にも耐えうる体をもつグラハム

出典 http://www.boredpanda.com

事故に遭った際、どうしても折れやすい首は必要ありませんでした。

出典 http://www.boredpanda.com

グラハムの身体は交通事故に耐えるため、折れやすい首を無くして、脳をクッション上の頭蓋骨で守られております。
なんだか、振り向くことができなさそうですね。

しかも顔面は、通常鼻、目、口の回りはとても繊細に筋肉と軟骨などが組み合わさっておりますが、これら事故の衝撃からダメージを受けやすくなるものを完全に割愛し、平坦にしてしまったのです。
ようは、交通事故を考えたら素敵な高い鼻はいらないということですね。

目も必要以上に大きくなく、ちょっと愛くるしい瞳をしていて、愛着が湧いてしまいそうです。

折れやすい首がなく大事な頭を保護するような骨組み

出典 http://www.boredpanda.com

大事な脳は外部からの衝撃に耐えられるよう頭蓋骨はクッションの役割を成します。

出典 http://www.boredpanda.com

顔面は衝撃を受けずらい平坦な顔立ちに・・・

出典 http://www.boredpanda.com

また、交通事故に遭った際に身体の内部もさながら外部の損傷も防がねばなりません。
よってグラハムには強靭な皮膚を与えられました。

この外部の損傷とともに一番ダメージを受けるのが足です。
多くの場合車イスの生活や、ひどい場合だと切断などという事もあります。

それを防ぐために強靭で素早く事故を避ける足を用意されたのです。

擦り傷や外傷にも負けない強靭な皮膚

出典 http://www.boredpanda.com

足はバネ仕掛けのようでありジャンプ力を増大させたグラハムの足

出典 http://www.boredpanda.com

グラハムはあくまでも交通安全を訴えるために生まれたのです。
このインパクトが強いグラハムの存在が人々の安全意識を高める大きなメッセージとなってくれることを願わずにはいられません。

このグラハムは、オーストラリアのビクトリア図書館に2016年8月8日まで展示されております。

ビクトリア図書館に展示されているグラハム

出典 https://www.youtube.com

外に出いている限り、私たちは交通事故のリスクがある事を忘れてはなりません
しかし、ずっと交通事故の事だけを考えている訳にもいきません。

最近、時代の変化もありスマホを見ながらの運転、スマホを見ながらの歩きなどが増えております。
ポケモンGOもその背景のひとつですね(笑)

そんな時ちょっとでも、この交通安全祈願のグラハムを思い出して頂けたらと思います。
こちらにグラハムの動画がありますので是非ごらんください。

出典 YouTube

また、公式サイトからもグラハムの強靭な体についてデジタルで説明がされております。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス