アメリカ、ミシシッピ州にある動物保護団体「Wild at Heart Rescue」。
5月某日、ここに1羽のアメリカワシミミズク(=フクロウ)が運び込まれます。どうやら車に轢かれたらしく、その身体は痛々しい姿でした…。

脳震とうを起こすほどの頭への怪我に加えて、身体は寄生虫だらけ。さらに大量のカビを吸い込んでおり、呼吸器官にも大きな障がいを抱えているようでした。おそらく事故に遭う前から、相当ツラい状態だったのでしょう。平均的なアメリカワシミミズクの体重が1kg~2kgなのに対し、この子はわずか450gだったのです…。

すぐに、団体に所属する獣医さんたちによる懸命な手当てが行われます。そしてなんと…一命を取りとめることが出来たのです!

何百、何千という野生動物を治療してきた職員さんも「こんな深刻な状態の子は見たことがない」と言うほど。

助かったのは、まさしく奇跡と言えます。

そんな奇跡が起きたのも、この子の生きようとする意思があったからこそ。そして何より、獣医さんの力が大きいようです。

その獣医さんの名は、ダグラス・ポジェキー先生。「猛禽類の声なき声を聞ける男」とも呼ばれ、彼らと深い絆を築ける名医中の名医。

この後フクロウは「ジジ」という名前をもらいます。そして野生へ帰れるよう、保護団体内で怪我を治し体力を充分に回復させることに。
ダグラス先生も付きっきりで、ジジに手厚い看護を施します。そんなダグラス先生の愛情と優しさのおかげで、ジジはどんどん回復。元気な様子を見せるようになります。

「もう大丈夫だろう…」そう判断したダグラス先生は、ここで数日間休みを取ることに。ジジをずっと診ていたため、何日も家族と会っていなかったのです。

家族と久しぶりの休暇を過ごしたダグラス先生。保護団体へ帰ってくるなり、そのままジジの元へ。ひとまず元気になったとはいえ、やはり気になります。

ジジがいる部屋へ入るダグラス先生。そして、彼を目に止めたジジは驚くべき行動を…。

なんと、ダグラス先生に抱きついたのです。

会えなかったのは、わずか数日という時間。しかし、ジジにはその何倍にも感じられたのでしょう。自分を治療・看護し、深い愛情を持って接してくれた人…。ジジは先生のことを、心から信頼していたのです。

大好きな人に会えて、安心するジジ。その表情からは、先生への気持ちが溢れ出ている様。ダグラス先生も、この瞬間のことは自分の中で特別だったと言います。

怪我が完全に治り、体調も良くなればジジは森へ返されることになります。しかし、この心優しい人間との絆は、ジジの中に残り続けるのではないでしょうか。どんな動物とも気持ちで通じ合える、そんなことを感じずにはいられません。

この記事を書いたユーザー

PECO このユーザーの他の記事を見る

ペットとの毎日がもっと楽しくなる|PECO [ペコ]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス