出かけた先や、仕事帰りに立ち寄る、スーパーやドラッグストア。

シャンプーはあといくつあるっけ?

サランラップのストックあったかなぁ?

洗濯洗剤がもうなかったような……

なんて経験ありませんか?

キッチンで、バスルームで、リビングで、様々な場所に点在しているストックたちを管理するのは本当に大変!

ないと思って買って帰ってみたら、まだたくさんのストックがあった!なんてこともよくある話ですね。

安いからといって、大量に買うのも考えもの。

いつ、どんな場所にいても、家中の日用品ストックを1発で把握し、無駄な買い物を控える……そんな“ストック管理法”をご紹介します!

■1ヵ所に「すべての日用品ストック」を収納

シャンプーや洗剤は洗面室、トイレットペーパーやトイレ用洗剤はお手洗いや収納庫、中性洗剤やサランラップ類はキッチン……と、様々な場所にストック点在させている人が多いのでは?

「無くなった時にさっと手に取れる」というメリットはありますが、いざ買い物に行こうと思った時、家中を確認しなくてはなりません。

ですから我が家では、玄関を入ってすぐの収納庫に、日用品のストックをすべて集結させています。

買い物に出かける時に、こちらの収納のみをチェックすればOK! 買い忘れも、買いすぎも防ぐことが出来ます。

さらに、この収納法には、別のメリットも。

帰宅後、家中のストック置き場に物を収納するのが面倒で、廊下や階段、リビングなどに買い物袋がいつまでも出しっぱなし……そんな経験ありませんか?

全て集結させることで、すぐに購入した物を定位置にしまえ、自然と部屋が片付くのです。

■ファイルボックスで「家族みんなが分かる」収納法

洗剤やシャンプー類などのストック品は、1つずつ無印良品のファイルボックスを使って細かく分類して収納しています。

1つ1つにラべリングし、“家族みんなが分かる”収納にすることで、「あれ無くなってたから詰め替えておいたよ」なんて、自然と家事に協力してもらうことができるのも嬉しいところです。

■ストック残量は「アプリ」で管理

そしてさらに我が家では、「ストック管理」というアプリを使って、日用品の残量を把握しています。

使ったら在庫を減らし、現在自分の家に“何がいくつあるのか”を出先でも分かるようにしているんです。


ストック品の買い忘れがあり、深夜慌ててコンビニへ……以前は、よくあることでした。

今では、ふらっと立ち寄ったお店でお安いものを見つけると、さっとスマホで確認。

お安いものを逃すことなく、かつ余分に購入することもなく、節約にも繋がります。

お金も時間も無駄にしないストック管理法。ぜひお試しくださいね!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら