大切なあの子が去って逝った・・・

ペットロスという言葉を聞いたことがあると思います。
そう、家族であるペットが亡くなり悲しんでいることを指す言葉です。

動物を飼った経験のある人ならこの気持ちわかるかもしれません。
でも、飼った経験の有無に関わらずまだまだペットロスを軽く考えている人が多いのが現状です。

たった2週間で私の元を去ったインコのりんちゃん

出典筆者撮影

私も今現在、ペットロスです。
ペットショップでの不衛生が原因で動物病院へ通院したものの、大切なりんちゃんを失いました。

たった2週間だけで?
そう思う人もいるでしょう。

でも、一緒に過ごした時間の長さで悲しみは図れないと思います。
これが人間だったらどうですか?

長生きした人間と残念ながら寿命が早かった人間。
どちらが去っても悲しいに決まっています。

ペットロスを乗り越える3つのステップ

私は自分で上手くコントロールできないこの悲しみについて、ネットで調べてみました。

するとペットロスを乗り越えるには3つのステップがあることを知りました。
1.拒否→信じられない気持ち
2.苦痛や苦悩→ペットがいない悲しみやもっとできることがあったのでは・・・と自分を責める。
3.回復

こういった経過をたどってペットロスから回復することを知りました。

今の私の状態は苦痛や苦悩です。

ペットロスを軽く見ないで!こんな言葉が傷つく!

「たかが動物が死んだぐらいで」
「いつまで泣いているんだ!」

こういう言葉を掛ける人が居ると言います。
この言葉は傷つけるとわかりやすいと思います。

よく聞くのが
「いつまでも悲しんでいると死んだ子が浮かばれないよ」
「次のペットを飼えば?」

私も実際にこういった言葉を今回掛けられました。
言っている人の意図は
「早く悲しみから立ち直ってほしい」
だろうと予想はつきます。

けれど、深い悲しみを抑えて笑顔で過ごすことは辛いです。

「次の子を迎えることは、亡くなったあの子に悪い」
とさえ思うのが飼い主としての心情だと思います。
私もそうです。

亡くなったあの子に手紙を書くこと

私はりんちゃんの毎日の体重と一緒にその日どんな楽しい時間を過ごしたのかノートに記していました。

今、そのノートにりんちゃんへの手紙を書いています。
「りんちゃん、どこにいるの?」
「また会いたいね」
「部屋にりんちゃんがいないことを痛感しています」
思ったまま綴ることでいくらか私の中で解決していくこともあると感じます。

ペットロスの人に見て欲しい!悲しい今こそ見て欲しい

出典 YouTube

悲しみに打ちひしがれながら、私が見つけたとある動画です。
音はありません。
動画にこうして文字が浮かんでくる短いものです。

あなたが飼い主であり、私は亡くなったペットです。
「ありがとう 私を愛してくれた あなた」
こう思ってくれているかな・・・私はこの動画を見てそう思えました。

ぜひ、ご覧になってください。

静かに受け入れられるまで・・・

今回ペットロスのことをたくさん調べました。

多くの人がやった方がいいと言っていることがいくつかあります。
■お葬式をする
■お墓を作る
■お参りする
■思い出の品を作る

私はこの思い出の品を作るを自分からやっていました。
それは、りんちゃんの成長記録として撮ったスマホの写真を1冊の本にすること。
今、注文中ですが大切な思い出として大切にしたいです。
でも、正直すぐに直視できそうもありません。

悲しくてまた会いたいと願うことは、決しておかしなことではありません。
私の言う会いたいは自分も死んで会いたいという意味ではありません。
無理だとわかっていても、ただ会いたいということです。

もし、ペットロスの人がいたらここに書いたように傷つく言葉だけでも避けてください。
話を聞いてあげるだけでも十分です。

どうかペットロスを軽く見ないでほしい。
そう願っています。

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら