人にお願い事をする時は、できるだけ的確にするように心がけなければいけないのだということが再認識できる出来事をご紹介しましょう。

息子にちょっとした家事を頼んだ母

Pinned from metro.co.uk

母が外出する時、子供へ置き手紙というのはよくある光景。スコットランドのこちらの家庭でも母が息子にポストイットにちょっとした家事をすることをお願いしたのですが…。

「これ、干しておいて。ありがとね、母より」

そんなシンプルなメモを見た大学生の息子、ジェイソン君。彼は母の言いつけ通り的確に用をこなしました。

「this」とは何を指すのか?

Pinned from metro.co.uk

「これ、干しておいてね」の「これ」は、普通ならこの白いシャツだと推測するでしょう。メモはシャツの上に貼ってあるのですから。ところがジェイソン君は「これ」を干したのです。

文字通り「これ」とはそれが書かれていたメモ…

Pinned from metro.co.uk

うっ…!ジェイソン君、やりましたね。どうしてメモを干す必要があるのかということは考えなかったのでしょうか。「とにかくママが言ってるから言う通りに」ということで素直にメモを干したのでしょうか。

ヒラヒラと風に揺れている一枚のメモ…。これを帰宅した母が見た時にはため息と虚しさがどっと押し寄せたのではないかと、筆者も母の立場なのでこの母の気持ちわかるような気がします。

「何考えてんのよ!」

「何考えてんのよ!干しといて、って頼んだのはシャツに決まってるでしょ!もうおバカなんだから‼信じられないわ‼」ジェイソン君、スマホにこんなメッセージを受け取ってしまいました。お母さん、どうやらかなり怒っている様子。この一件を自身のツイッターに投稿したジェイソン君、かなりの反響が寄せられたそうです。

「ウチの息子もやったことあるわ…」

Licensed by gettyimages ®

子供にちょっとした用事を頼むぐらいなら、自分でした方が手っ取り早いと思う親もやはりいるようです。ジェイソン君のツイッターには「それね…うちの息子もあるのよ。」と別のお母さんからのリツイートも。

「うちの息子に『 Can you empty the bin in the toilet?(トイレのゴミを捨てといて)』って言ったらトイレにゴミが捨ててあったの。」これは日本語では間違いようのない文法であっても、英語では「in」という前置詞が「の」もしくは「に」になるために、意味を勘違いした息子はやってしまったのでしょう。用事を頼んだお母さん、2階に行ってトイレを確認すると…トイレの便器の中にゴミ箱が捨てられていたそうです。悲惨。

「ウチも娘が…」

Licensed by gettyimages ®

別の母親は「ウチも娘がやってくれたわ」とリツイート。「『缶のスープ、レンジで温めて』って言ったら何をしてくれたと思う?缶のままレンジへ入れてたのよ!缶を開けてもいなかったのよ!」

うーん…。子供たちはなかなか手強いですね(笑)文字通り受け止めるというのは、思考能力がプログラマー化されているのでしょうか?過去にある出来事が話題になりました。覚えている方もいるかも知れません。

"Could you please go shopping for me and buy one carton of milk, and if they have eggs, get 6!"A short time later the husband comes back with 6 cartons of milk.The wife asks him, "Why the hell did you buy 6 cartons of milk?"He replied, "They had eggs."

出典 https://www.reddit.com

プログラマーのご主人に買い物を頼んだ奥さん。こちら、普通に訳すと

「私の代わりに買い物お願いしてもいいかしら?
牛乳1つともし卵があったら6つ買って来て。」

あなたは、これをどう解釈しますか?筆者は「牛乳1つと卵6つ」と解釈します。ところがプログラマーの夫は牛乳を6つ買って帰って来たのです。

「なんで牛乳を6つも買ったのよ⁉」と言う奥さんに彼は

「だって、卵があったから」

と答えたのです。

「違う、そうじゃなくて…!」

Licensed by gettyimages ®

ご主人は「店に卵があれば、牛乳を6つ買って来て」と解釈したのですね。うーん、そう来るかという流れですが、牛乳を6つも買ってこられた奥さんはイライラすること間違いないでしょう。

個人的に筆者も相方がこういうタイプでして…。彼はプログラマーではないのですがきっと思考能力がそっち寄りなのだろうと。買い物やちょっとした用事を頼むとこういう風に「がっかり」させられることが多く、自分でやった方がストレスも溜まらないと思いあまり頼みごとはしません。

ジェイソン君のお母さんも、今後、何か頼みごとをする時には更に的確に伝える必要があるというのこと知ったことでしょう。人生、何事も勉強ですね(笑)。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康
  • カルチャー
  • ファッション
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら