座るだけで妖精気分になれそうな「バタフライベンチ」!モチーフは身近なものでもベンチになると途端に幻想的です。海外発の素敵なデザイン、数点ご紹介いたします。

バタフライベンチ(Butterfly Bench)

出典 https://cricketforge.com

発売しているのは「Cricket Forge」(クリケットフォージ)という、アメリカのノースカロライナ州ダーラムにあるブランドです。

サイズ展開もあって、並ぶとさらに幻想的!こんなベンチが森の中にあったら、本当に妖精が腰かけていそうですね。ちなみにお値段は20万~40万円ほど(2050$~3800$)。ちょっと気軽には買えない金額ですが、米国では高級ガーデンや美術館などの庭で見ることができるそうです。

実際にお庭に設置した人のお写真がこちらです。うーん、たしかに素敵!手入れされた芝生やお庭の雰囲気と合っています。

国内外から高評価のブランドです

出典 https://www.amazon.com

このブランドは、最初はたった二人の友人同士で創設された金属会社でした。芸術的な作品の数々が国際的にも高い評価を受けるようになり、様々なアーティストの作品が掲載されている業界紙「The Contemporary Blacksmith」(現代の鍛冶屋)という本でも紹介されたようです。

そして、より多くのアーティスティックな作品を創造しようと1999年に作られたのが現在のクリケットフォージです。蝶のベンチは目玉アイテムで、発売以来ずっとベストセラー!まさにブランドの「顔」となっています。

これは壮観!バタフライベンチの制作風景です。お値段は高めですが、これだけ発注があるんですね…。日本でも見かけることができるでしょうか?

繊細で芸術的なデザインベンチの数々

出典 https://cricketforge.com

こちらは「ドラゴンフライベンチ」(トンボのベンチ)。お庭の水辺(池など)のそばに設置してみては?という想いが込められているようです。

出典 https://cricketforge.com

これは「サンフラワーベンチ」(ひまわりベンチ)。夏の芝生や青空に映えそうなデザインです!丁寧に設計され、作られているのが伝わってきますね。

生物や植物だけでなく、こんなデザインもあります!「Electric Boogie Bench」(エレクトリック・ブギーベンチ)というタイトルですが、ファンキーというよりはちょっとゴシック系ファッションにも似合いそうですね。

ベンチ以外のアイテムもあります

出典 https://cricketforge.com

このブランドは主にガーデンアイテムを制作しているので、ベンチ以外にもテーブルやミニチェア、ライトなども販売されています。ベンチとお揃いでお庭にこんなテーブルがあったら素敵です!

出典 https://cricketforge.com

お庭でトータルコーディネート!おそろいのベンチやテーブルを置くだけで、なんだかここだけ一気にアートっぽくなっています。カフェや図書館・美術館にこんな場所があったら、これを見に出かけたいくらいですね。

身近なものと金属の可能性に期待!

出典 https://www.facebook.com

ベンチという身近な金属アイテムでも、デザイン1つでこんなに素敵な存在感が出るんですね!身近に素敵なものがある日々は、心の栄養になる気がします。Cricket Forgeが生み出す今後の作品に期待です!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら