皆さんは、ミーアキャットという動物を知っていますか?
ミーアキャットは複数の巣穴を群れで生活し、それぞれの巣穴を行き来します。
巣穴はトンネル状となって迷路のような形状になっています。
トンネル状の巣穴はアフリカの灼熱の下でも涼しさを保つことができます。

そのミーアキャットは、外敵への警戒心が強く常に巣穴の周りに敵がいないか監視をしています。

後ろ足の二本だけで、直立しキョロキョロと辺りを見回す仕草は誰もが知っている光景だと思います。
その姿はとてもかわいらしいことから人気の高い動物でもあります。

その警戒心が強いはずのミーアキャットですが・・・。
なんと、そのイメージを逆転させる映像が偶然にも撮影されたのです。

その噂のミーアキャットは、後ろ足で直立するどころかあぐらをかいて余裕の表情。
しばらくすると体がユ~ラユラと振り子のように揺れ始めます。

こ!これは!!!!!

明らかに眠りに落ちる瞬間じゃん!(笑)

そして・・・最後にはなるほど・・・そうきたか!
という結末になるのです。

その結末が、とてもカワイイと大好評の映像です。
それでは、問題の動画は下に掲載していますので結末までの映像をお楽しみ下さい。

怠け者ミーアキャットが、眠気に負けてしまった瞬間!

出典 YouTube

ミーアキャット(Suricata suricatta)は、マングース科スリカータ属に分類される食肉類。本種のみでスリカータ属を形成する。別名スリカータ。

[分布]
ナミビア、ボツワナ南部、南アフリカ共和国

[形態]
体長25-31センチメートル。尾長17-25センチメートル。体重0.6-1キログラム。背面は長く柔らかい体毛、腹面はまばらに短い体毛で被われる。背面の毛衣は黄褐色や灰褐色や灰白色で、10本の暗褐色の横縞が入る。顔や喉の毛衣は灰白色。眼の周囲や耳介、鼻の毛衣は黒い。尾の毛衣は黄褐色で、先端が黒い。
歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下6本、大臼歯が上下4本で計36本。指趾の本数は4本[2]。前肢の爪は長く、後肢の爪の2倍以上に達する。
オスにのみ肛門の周辺に臭腺(肛門腺)がある。乳頭の数は6個。

出典 https://ja.wikipedia.org

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス