位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験が可能なゲーム『Pokémon GO』が、今、世界各国でまさに大旋風を巻き起こしています。

日本でもサービス開始を心待ちにしている人が多いのではないでしょうか。

まだですかね…。

心待ちにしてるそうですよ。

そんな人がたくさん増えるんじゃないですかね…。

しかしその反面、歩きスマホによる交通事故や、水分補給を怠っての脱水症状を引き起こす、など様々な問題も発生しているのも現実…。

やっぱり危ないから気になりますよね…。

自閉症の人が外に出るキッカケになったりする良い面もあるので、迷惑行為“しか”生まないってことはないでしょうけどね…。

たしかにちょっと怖いかも…。

夏休みの交通安全の標語で、天才的な作品が爆誕!

学校から保護者向けに注意事項が言い渡されるほど、その危険度合いも注目されている『ポケモンGO』ですが、そんな中、Twitterユーザーの「あかりん」さん(@bobkairo_)が、ある天才的な交通安全の標語を思い付いたと話題になっています。

天才的なのが書けたから是非見てくれということなのですが、一体どんな標語なのかというと…

その標語がこちら!!

ポケモンGO

歩きスマホで

あの世へGO

出典 https://twitter.com

なるほど…なかなか秀逸で、それでいて的確に今の社会現象を上手く表現している…たしかにこれは天才的かも!?

これを見たTwitterユーザーたちは…

まぁそりゃ笑ってしまいますね。まぁ事実になれば笑えないですが…。

一気に豪華景品が!

堂々とパクリの確認(笑)パクリたくなる出来ということですかね。

花丸級の出来栄え。

たしかに有志で看板作って出しちゃいたいですね…。

それくらい危険ってことですかね…。

この標語が一人の命を救ったかも…。

みなさんこの天才的な標語に感心すると共に、改めて歩きスマホの危険性を認識したようですね。

他にもこんな標語ツイートが

そんなゲームありましたね…。

捕まえても、あの世へ逝ってしまってはおしまいです…。

もうすぐ日本でのサービスも開始されると思いますが、みなさんくれぐれも夢中になって事故など起こさないように気を付けてくださいね!

ポケモンGO

歩きスマホで

あの世へGO

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス