こんにちは、カノさんです。

いきなりですが、日本の文化っていいですよね。
食べ物や習慣、建物、考え方など日本独自なものは多くありますが、そのなかでも筆者は『枯山水』にはまっております。

何が良いかって?あの情調あふれる風景はみているだけで心が落ち着き、場所によっては全く異なる顔を見せてくれる。
日本独特の文化な感じがとても素晴らしいです!

そんな枯山水がお手軽に、しかもゲーム感覚楽しめる物があるのです!

それがこちら

枯山水のボードゲーム

これが渋い!!

パッケージからしてインパクトがありますね...
これが普通にビックカメラのボードゲームコーナーに紛れ込んでいて、とにかく目に付きます。

どんなゲーム?

なんとこちら第1回東京ドイツゲーム賞で大賞となったボードゲームなのです!
ボードゲーム界では、知れた有名な物だったのですね。

こちらその名の通り枯山水を作っていくゲームなのですが、これが渋い!
とにかく渋い!!

ここまで日本の文化を堪能できるゲームは他にあるか?私は知らないです!
それくらい情調あふれる渋いゲームとなっております。

気になる中身は?

自分の枯山水を作っていくための、庭となる土台ボード

枯山水の特徴を表す置き石や砂紋のカード

なかなかにページ数が多い説明書

簡単なゲーム説明

自分の庭に砂紋カードを敷き詰めたり、置き石を設置したりしながら、いかに美しい枯山水を作っていくか競うゲームです。

ボードゲームなのでターン制となっており、自分のターンでは以下2つの事を行います。

 1. 山札からカードを引いて、庭(土台ボード)に砂紋を作っていく

 2. 自分の庭にあるコマを操作し、置き石を設置する or 「徳」を積む(貯める)

全員の庭が完成したら数多くある加点ポイントを計算していき、自分の枯山水の点数を確認します。その点数で順位が決まっていく仕組みです。

「徳」を積む事が重要

このゲームは独特の「徳」という概念があり、この「徳」が貯まっていないと石を配置することもできません。

良い事も悪い事も「徳」が積まれないとできないのです...
(悪い事というのは、他の人が引いた砂紋カードを奪ったり)

プレイヤーの収集

とりあえず友達を呼ぶ

かの「枯山水やろうぜ!」
友達「枯山水やる?意味わからん....が、とりあえず、すぐ行く!」

ノリが良い友達....

これでひとまずメンバーが揃いました...2人だけど....

実際にやってみた

とりあえず2人でルールを確認し、説明書を片手にとりあえずやってみました。

筆者はこれでも様々なボードゲームをやってきましたが、この枯山水は今までのボードゲームとは比べものにならないくらいルールが多いです。

特に点数計算は様々な要素があり、とてもブログで載せるきれるものではありませんでした。

プレイ中の風景

これはゲーム終了間際の画像ですが、こんな感じで庭を作っていきました。
画像を見ると石があったりと、本当にボードゲーム?と疑われるかもしれませんが....

プレイしている側からすると、間違いなくボードゲームです!!

不思議な雰囲気になるゲーム

なんだ?このボードゲームは?

ボードゲームをやっていて、ここまで不思議な気持ちになったボードゲームはいままで出会った事がありませんでした。

プレイ中の会話が

 ・ ぉ!そっちの庭、いい感じになってきたね!!
 ・ あ〜この苔の配置、なかなか決まってるね
 ・ その石の配置、綺麗だね!!
 ・ この砂紋綺麗だわ〜
 ・ 石の斜め置きを狙ってるの!?すごい

などなど

おわかりいただけるだろうか

ボードゲームであって競い合い感があまりない

普通ボードゲームをやると、熱くなって他のプレイヤーを牽制しあったりするが、この枯山水はどうだろうか?
お互いの庭を褒めたり、砂紋や石の配置に感心したりと、負の要素が出てこなかった。

枯山水の日本独自の感性が、ゲームを通してここまで体感できるものなのか....

もはや競い合っている感じはなく、本当に日本文化を堪能している感覚になれる不思議なゲームであった。

是非皆さんも、機会があれば体験してみてください。

オススメのゲームです

この記事を書いたユーザー

かのさん このユーザーの他の記事を見る

フリーダムですいません!!
趣味が多すぎて、人生4回くらい転生しないと満足しなさそうです…

人生の優先順位
将来 < 仕事 < しょうもないこと

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • インターネット
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら