VHSの国内生産がついに終了へ

Licensed by gettyimages ®

このフォルム…。懐かしすぎませんか…?

VHS(Video Home System)とは、日本ビクターが1976年に開発した家庭用ビデオ規格。標準録画時間が2時間だった。この形は現在では当たり前となったが、開発当時のVTRにはテープのリールが1つだけのカートリッジタイプがあったり、テープ幅やカセットのサイズもさまざまだったり、と互換性のない規格が氾濫していた。技術の進歩によりテープの長尺化が進んだ結果、DF480を利用したときの現在は240分が最長となった。

出典 https://ja.wikipedia.org

録画時間がなんと2時間!!今では当たり前のW録画なんて夢のまた夢でした。
録画時間を伸ばすためにいろいろと質を落として倍の時間を録画したものです。

40年前に日本企業が世界で初めて開発し、「歴史的偉業」とまで言われたVHS方式の家庭用ビデオは、ひとつの節目を迎えることになりました。続きを読むVHS方式の家庭用ビデオデッキは、DVDレコーダーなどの普及に伴う需要の低下で、国内メーカーでは唯一、大阪に本社がある船井電機が生産を続けていましたが、部品の調達が難しくなったとして、今月で生産を終了すると発表しました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

部品の調達が難しくなった…。時代は変わったようです。
なんだか少し寂しい。

”ビデオ戦争”なんてものもあったんです

ファイティングポーズ
by uemu

家庭用ビデオの規格争いとしては、もっとも有名な事例であり、単に「ビデオ戦争」といえば『VHSとベータマックスのデファクトスタンダード戦争』を指すことがほとんどである。
【結果】
(ベータ陣営)ソニーを規格主幹として東芝・三洋電機・NEC・ゼネラル(現・富士通ゼネラル)・アイワ(現・ソニーマーケティング)・パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア)
(VHS陣営)日本ビクターを規格主幹として松下電器産業を中心にシャープ・三菱電機・日立製作所・船井電機などが、それぞれ加わった。

出典 https://ja.wikipedia.org

家電品史上例のない規格対立戦争は1980年代まで続きましたが、一般的傾向としては
録画時間が長く、また販売店の多かったVHS陣営が1980年代初頭頃から優勢になり、1980年代半ばには「VHSの実質的勝利」という認識が拡がりました。

2016年現在では「VHSの圧勝的勝利」ですね。

船井電機によりますと、15年ほど前は国内と海外合わせておよそ1500万台のビデオデッキが売れていたということですが、去年の販売台数はおよそ75万台にとどまったということです。近年はDVDなどとの一体型の製品の生産が主流となっていて、ビデオテープに録画していた子どもの成長の記録や結婚式の思い出などをDVDなどにダビングするために買い求める人が多かったということです。

出典 http://www3.nhk.or.jp

去年の販売台数75万台に驚きました。
にしてもDVDの普及とともにレンタル店でもVHS見なくなりましたもんね…。
巻き戻し、早送りをする際のあの独特な音にワクワクしたものです。

DVDへのダビング依頼が増えているようです

Memories
by byzantiumbooks

VHSからDVDへ
録画していた子どもの成長記録、結婚式の思い出などをダビングする人が急増しているようです。

東京・豊島区にあるダビング専門店では、VHS方式のビデオとDVDをともに録画・再生できるデッキがおよそ20台あり、客の注文に応じてビデオテープに録画されている映像をDVDにダビングしています。VHS方式のビデオデッキの生産台数の減少に伴って、注文が増え今では、1か月に1000本から2000本ほどのダビングを行っているということです。

出典 http://www3.nhk.or.jp

ダビング専門店まであるとは。
いかにVHSが普及していたかを物語っています。

Netflix VHS
by karat

熱を出したりして寝込んでいるときは必ずお世話になっていました。
小さい頃は機械に吸い込まれていく感じが好きで意味もなく出し入れして怒られました。

変わりゆく時代の中で、大切な思い出までもが消えてしまいませんように。

ぜひVHSからDVDへのダビングをお済ませください。

この記事を書いたユーザー

Riko このユーザーの他の記事を見る

美に関することなら何でも貪欲に調べ上げます(笑)
映画は1日一本は必ず鑑賞(主に洋画)し、暇があれば読書で日々言葉の巧みな使い方について学んでいます。現代だけでなく、平安時代の『源氏物語』についても研究してます!
TheBeatlesを心から愛し尊敬しており、PaulのLIVEには毎回行きます。
こだわりと追及心の強すぎる女です(笑)

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス