特技も才能もない自分の将来を思うと不安になる

Q.ミスが多く、いつも上司に怒られています。この先、会社の中で落ちこぼれになってしまわないでしょうか?
A.欠点も視点を変えれば強みになります。ニッチなブルーオーシャンを見つけましょう。

「今でしょ」の林修先生が、こんなことを言っていました。
「自分に適したところで努力することが大事だ。もし僕がジャニーズに入ってどれだけ努力しても、成果は得られないと思う。自分に適した道で、きちんとした努力をすれば、必ず成果はついてくる」って。
 林先生自身、予備校の国語教師というニッチな世界で生きてきた人。
 そうです。みんながやるからではなく、自分にあったニッチが狙いめ。

 ブルーオーシャン戦略という言葉をご存知でしょうか。
 たとえば流行りの商品は、どこもが扱っているので価格競争になりがちです。すると、中小企業や後発では勝てません。競争の激しいこの市場を、レッドオーシャン(血みどろの争いの赤い海)と呼びます。

 一方、まだ流行前の商品や、決まった人にだけニーズがあるジャンルでは、競合相手がいません。需要がたとえ小さくても、供給が少なければ独占に。このブルーオーシャン(競合のいない青い海)が有利なのは言うまでもありません。
 既存市場とは違うユニークな視点が、ブルーオーシャンを見つけるヒントになります。

 とはいえ自分には特別、人より優れたところ、得意分野なんかないって思いますか?
 私もそう思ってました。いえ、みんなからもそう思われてました。
 小さいときからドモリで、ほとんど人と話ができなかったから。
 勉強もダメ、運動もダメ、友達もいない。クラスカースト最下位。
 学校の自由時間が苦痛で、本を読んで時間をつぶすしかなかった。

 ところが、人よりたくさん本を読んだことが大人になって幸いして、コピーライターとして20年間も生活を支えてくれる結果になったのです!

 子どものころ落ちこぼれだったことが逆転し、生活の糧になったのです。
 その当時は、そんなこと夢にも思いませんでした。
 けれども、短所は長所にも転じるのです。

人との違いを活かす

 人から見て欠点だって、ひっくり返してニッチに活かせば利点。
 人と同じでない個性は、光の当て方を変えるだけで、輝きや才能のタネになります。

 自分に対するネガティブな視点を、肯定視点でリフレーミングしてみると……
 ズボラでだらしない?……あなたは、おおらかな人。ぜひリーダーに
 神経質で気が弱い?……よく気がつく人。介護や保育の世界でひっぱりだこ
 落ち着きがない?……行動力バツグン。営業もバリバリできちゃう
 不安が強い?……注意深くて慎重だから間違いが少ない。会計士とか
 人づきあいが不器用な人は(あ、これは私か)……ネットには慣れてる(笑)

 あなたがいま自分で「足りない」とか「欠点」だと思うことが、
 リフレームすることで強みに生まれ変わるはずです。

 あなたはもっともっと自分らしさを発揮できる。
 欠点なんて強みにひっくり返せる。あとは活かす場所を見つけるだけ。

 それを阻むものがあるとしたら、あなたの思い込みです。
 「人と同じようにあれこれできなくては」という幻想が、ブレーキになってる。
 人と同じでなくていい。平均点志向よりも、ニッチな一点突破で自分の持ち味を活かしましょうよ。

 第一オールマイティな人は、どことなく近寄り難いもの。
 欠点がある人の方が、周囲に愛されるでしょう?
 いま欠点だと思っていることは、きっとあなたの強みになります!

■欠点→(リフレーミング)→ニッチなブルーオーシャンで活かす


★少しでもお役に立ちましたら★「応援する」をポチッと!★励みになります!        
http://gooddo.jp/gd/group/mentalsupport/

この記事を書いたユーザー

百世安里 このユーザーの他の記事を見る

PTSDサバイバー(快復者)。いじめ被害を受け、裁判勝訴。チック・悪夢・フラッシュバック・・強いPTSD症状で不登校気味だった娘を快復へ導き、現在はシドニーのファッション専門校で学ぶまでにサポート。PTSD経験をもとに2009年より毎月、心のケアのグループワークを行う。(社)メンタルサポート・ジャパン 代表理事。娘だけでなく、家庭教師を担当したすべての子たちが一気に成績アップ、有名大学へ。個性を活かす子育て、人育てが得意。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス