「ブランド牛」と聞くと、どんな名前を思い浮かべるだろうか。松阪牛・近江牛・神戸ビーフ・米沢牛・前沢牛・飛騨牛……。この程度しか浮かんでこないのではないだろうか。

だが、驚くことに、全国で200種以上の「ブランド牛」が存在するのである。誰も聞いたことがないような「ブランド牛」が、190種程度存在するということである。

「ブランド牛」でありながら、なぜ誰も知らないのか。

いきなり結論から言えば、1軒の酪農家が飼育しているだけの牛に名前をつければ、「ブランド牛」と呼ばれるからである。

たとえば、私(佐藤)が“あか牛”を飼っているとする。その名前を「佐藤あか牛」として登録すれば、それが「ブランド牛」となる。

だが、名前をつけただけでは知られないのは当然で、もっとPRをする必要がある。「ブランド牛」となったからには、それを利用しない手はない。

ネットで販売する時に、「肉質なめらかな希少種“佐藤あか牛”」とアピールすれば、“数の少ないブランド牛”に興味を示す人は少なくないだろう。

たった1軒で育てていれば、数が少ないのは当然のことで、嘘をついているわけではない。

固有の名前をつければ「ブランド牛」となるが、付加価値のあるものと感じるのは、消費者の勝手な思い込みである。

人の心理を利用しろと言っているのではない。販路を拡大するためのキッカケとして、「ブランド牛」の力を活用しても良いのではないかと提案したい。

肉が美味しくなければ、リピートには繋がらないので、肉質の良いことが前提である。まずは、そこから始めることが重要であることに変わりはない。その上での“ブランド化”である。

「ブランド牛」を名乗るには、産地や格づけ、飼育法などが、一定の基準を満たしている必要がある。と、業界では言っているが、この基準は酪農家や組合などが自ら設けることができるものだ。松阪牛や近江牛でも、その基準は違っている。

有名な「ブランド牛」では、消費者からの信頼を得るために、厳しい基準を設けている場合が多い。それが付加価値であり、消費者に伝えることが、ブランドを守ることにも繋がっている。

「ブランド牛」を作ることは簡単。だが、有名なブランドに育てていけるかどうかは、手間の掛け方次第である。加えて、ブランドイメージの構築が重要であることも忘れてはならない。

いまの消費者は非常に賢いが、いまだブランドに弱いことも事実である。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら