単線で起こった悲劇・・・

イタリア南部のプーリア州(現地時間)で2016年7月12日に起こったローカル単線上での電車の正面衝突事故は、現在のところ23名の犠牲者および50名の負傷者と発表され、日本でも大きく報道されていることと思います。

状況が次第に明らかになってくるにつれ、人為的ミスの可能性が非常に大きいとの見方ですが、事故現場の写真はかなりのスピードで衝突したことを物語っています。

たまたま前日までプーリア州を旅行していたので、私にとってもショックが大きいのですが、このローカル線は通勤通学の足としてよく使われていただけに地元の住人のショックも一際大きいようです。

出典 http://www.lastampa.it

単線の線路上で激しく正面衝突したのが見てとれる上空からの写真。

出典 http://www.ilfattoquotidiano.it

レスキュー隊も「まさに地獄だ」と語った事故現場。

出典 http://ch.s4.webdigital.hu

生存者の救出作業は深夜も急ピッチで行われました。

事故直後から、人々が詰めかけたのは・・・

この惨事はもちろん、イタリア国内でも速報で報じられ、毎日トップニュースとして報じられています。

実はこの事故が報じられた直後から、市民が事故現場付近の病院へと殺到し、献血をするために列を作っていたのです。

特にO型の血液が不足しているとの情報が流れたため、O型の献血者が多かったようです。

病院に集まった、献血を待つ市民たち。

出典 http://www.radio24.ilsole24ore.com

SNS効果もあり、たくさんの市民が列をなしました。

出典 http://www.ilmessaggero.it

廊下をぎっしり埋め尽くした献血の順番待ちをする市民たち。

テレビ局のインタビューに対し、「事故の報道を聞き、自分ができるのはこれぐらいじゃないかと思って・・・」と応えていた若者。同様に「自分の血で誰かの命が助かるなら・・・」と応えていた人も居ました。

SNSで瞬時に広まったこともあり、献血は何と3000袋も集まったそうで、過去に無い記録となったそうです。

負傷者50名のうち、約半数はすでに退院しているとのこと。この市民からの善意の献血で、多くの負傷者の命が助かったことでしょう。

一刻も早い事故の原因解明と、再発防止策が待たれます。犠牲者のご冥福をお祈りします。

この記事を書いたユーザー

おやびん(イタリア生活中!) このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス