都市部では、あって当たり前なコンビニ。昼食には弁当やおにぎりを買い、休憩ではコーヒーやドーナツを。寒い夜には、おでんや中華まんを買って帰る。

朝から晩まで、1日に何度も足を運ぶ、非常に便利な場所である。私も都会暮らしの頃には、駅から自宅までの7〜8分の間に、4、5軒のコンビニがあり、買うものや気分で使い分けていた。

コンビニの品揃えは面白く、購買意欲を掻き立てる。ホットスナックやスイーツなどは、次々と新商品を出し、買うつもりはなくても、つい手を出してしまう。

大袈裟な言い方かもしれないが、生活の一部となってしまっていた。利用しないことなど、考えられないのである。

だが、私は田舎に移住した。もちろん、コンビニなど存在しない。普通の小さなスーパーでさえ、車で30分は掛かる。

コンビニがないことで、困ることはない。慣れれば、どうということもない。憧れて田舎暮らしを選んだのだから、それくらいは気にならない。

ところが、テレビからはコンビニのコマーシャルが流れてくる。次々に魅力的な商品が誕生し、「ほら、美味しそうでしょ!」と誘ってくる。田舎暮らしの身には、刺激的である。「たまには食べたいなぁ〜」となる。

私は移住組なので、刺激への耐性はある。だが、ずっと田舎で生きてきた人たちには、有り余る魅力が、悩ましいほどであろう。行ってみたいという欲求は、大きな憧れとなる。

すると、彼らは欲求を満たすための行動に出る。もっとも近いコンビニを探し、車で行ってしまうのである。

「1時間半掛けて、セブンイレブンに行く」という話を聞いたことがある。高速道路を使って行く人もいる。たかがコンビニに、である。

私はそれをバカバカしいとは思えない。車で2時間掛けて、「ミニストップ」に行ったことがある。ソフトクリームを食べてみたいと思ったからである。

田舎の人にとってコンビニは、それほど魅力ある存在なのである。ある意味、遊園地に行くのと同等の“レジャー”だと言っても良い。家族みんなで行くのである。都会の人には想像もできないことだろうが…。

“たかがコンビニ”に憧れを抱くのは、見方によっては幸せなことなのかもしれない。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら