東京都知事選が公示されましたが、今回はメインとなる候補者がともに後ろ暗い過去を抱えているようです、三者三様、それなりに対立する理由があり、やみくもに、互いに過去を詮索、誹謗しあう、足の引っ張り合い選挙になりそうな雲行きです。

自民分裂で始まり、それを好機とばかり、野党が立てた候補者は、都民からみればなんともちぐはぐな、将棋の駒を間違えたような一手で、選挙戦は始まるまえからドタバタ劇さながらです。

小池百合子 64才、増田寛也 64才、鳥越俊太郎 76才、何が因果か因縁か、揃いもそろって辰年生まれで、巷間にいう、辰年は我が強くおこりっぽいとか。いずれも喧嘩好きでやるき満々。

小池百合子氏は誰でも知っているように細川護煕殿様に仕え、その後、政界の土木建設のドンとも言われた小沢一郎衆議院議員の右腕となり、政界再編、そして、その凋落後は次の騎手小泉純一郎、安倍晋三第一次内閣に食い込み、福田内閣にも引き立てられ・・ていたのに、生まれ持っての日和見主義で、先の自民党総裁選挙のおり安倍を裏切り次の有望株、石破に乗り換えた拙速がたたって、日干しにされかけていたので、「崖から飛び降りる」つもり(本人の言)で都知事に立候補した次第なので、立候補理由としてはいささか不純のようです。

増田寛也氏は建設省の土木建設業界を仕切る官僚だったころ、何の因縁因果か、またしても同じ小沢一郎氏、に気にいられ引き立てられて、あろうことか役所をやめ、(不可解にも)それまで縁もゆかりもなかった岩手県の県知事に押し立てられたのです。いうまでもなく小沢一郎氏の政治地盤の岩手県知事になり、そこに3期12年勤めあげています。知事として有能だったかどうか、小沢氏からみれば当然有能だったようですが、県民にはどうか・・一説には「箱ものつくり行政」を得意として県の負債、就任時7千万程度だったのを退任時にはその2倍の1兆4千万円にしていた・・とこれは億測ではなく元横浜市長中田宏さんが漏らしていたことで、当時の全国の知事会で知らぬものもない話だったそうです。とすると・・自民が今回都知事に押し立てた理由は(実務に優れている)云々はさておいて、膨大なオリンピック建設費用問題など、至便な人材に思われたのかも知れません。政治家の意のままになりやすい、反乱分子でもなさそうということもあるでしょう。

究極の後だしじゃんけんの鳥越俊太郎氏は究極の不真面目人間、不真面目な候補といっても過言ではありません。都知事になろうと思いついた理由が民進党が参院選で惨敗し自民の憲法改正案が促進される、という危機感(本人の弁)という東京都知事に立候補する理由とはかみ合わない自己混迷によるもので、立候補表明時に「どのような東京にしたいか」との問いに「何も決まっていません」と反感を買いそうな返事をしています。ジャーナリストとしては反権力の立場を崩さない価値ある人材でしょうが、大都市行政の運営者となると、かっての青島都知事を髣髴とします。間違えた将棋の駒に思えるのです。

都知事選は始まり有権者に最良を選ぶ道はなく、最悪を選択しない・・その一点になるようです。







都知事選、舛添さんの方がよかった、とならないように

この記事を書いたユーザー

まじ 東風 このユーザーの他の記事を見る

八ヶ岳南麓に隠棲。世事にまだ興味深々。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら