世の中に、ドン・キホーテファンは多いだろう。「楽しく」「面白く」「変な」商品が、激安で販売されている。単に買い物をする場所ではなく、見るだけで遊んでいる感覚になる、不思議な魅力を持った店である。

最近は外国人客も増え、その楽しさはSNSで世界に拡散されている。日本のレジャー施設だと言っても良い。

そんなドン・キホーテの楽しみ方をひとつお教えしたい。

私も家内とよく遊びに行くのだが、必ず最後に“お土産”を買って帰ることにしている。と言っても、自分たちへの土産である。

最後に寄るのは、食品売り場。ここを見るのが、また楽しい時間なのである。見たことのない、しかも珍しい食品がたくさん並んでいる。

恐らく、メーカーや問屋の在庫品を安く買い取っているのだろう。どこかの地方でしか売っていないような商品、つまり、マイナーな商品を“発見する”ことができるのである。

知らない土地へ行って、地元の商店にでも入ったような感覚を味わえる。

「なんじゃ、これ!」「こんなのアリ?」「誰が食べるの?」というような商品を見つけるのは、実に楽しい。興味が湧けば、即、カゴに入れる。次から次に発見するので、気持ちをセーブするのが大変である。

まったく知らない商品を買うのは、価格によってはリスクがあるので、安いものだけを買うようにしている。安ければ、“失敗”だったとしても、“経験”として受け入れることができる。それもまた、楽しからずや。

もうひとつ、食品売り場で買う商品がある。

“処分品”。いわゆる“投げ売り”状態の商品である。消費期限の近いものや売れ残りなどを極端な価格で売っている。200円程度の菓子を50円で。150円程度のジュースを30円で。

売れ残るには理由がある。味がいまいちだったり、美味しそうに見えないパッケージだったり。だが、それをあえて買ってみる。失敗しても、数十円である。これまで買った経験では、ほぼ、マズいか変な味である。これが、面白いのである。

「開発部門の人は、ちゃんと味見をしたのか?」「上層部は、よくOKを出したなぁ〜」と、話が広がるのである。というより、広げる。メーカーを想像しながら、開発途中の会話などを自分たちで作ってみるのである。

こんなことをする一番の理由は、“怖いもの見たさ的欲求”が、満たされることである。数十円で、ほんのひとときだが、結構楽しめるものだ。

日本中の変わったものを経験できるのは、ドン・キホーテくらいである。非常に愉快な店である。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら