大騒ぎになったiOS10新機能~RAW写真が撮れる

Apple(アップル)は2016年13日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2016」の基調講演にてスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 10」を発表しました。iOS10では「Home」アプリやSiriのサードパーティへの開放といった10の新機能が発表されたほか、一部の純正アプリが削除可能となることが発表されるなど盛りだくさんのアップデートとなっていますが、その中でも開発者向けの資料の中でiOS10でRAW写真を対応することが明らかになっています。現在の『iOS 9』ではiPhone・iPadでRAW写真を撮れることが対応していません。この報道は写真界で最大のニュースとして扱われています。

RAW写真とはなんですか?普通の写真との違い?

iOS10でRAW写真が撮れることにはよく意味が分からない人はたぶん多くいるでしょう。そもそもRAW写真とは何でしょうか?実はRAW画像ファイルは「iPhone 6」シリーズ以降に搭載されているチップセット「A8」や「A9」を搭載したiOS搭載製品で利用できるようになり、サードパーティー製カメラアプリやデジタルカメラなどで撮影したRAW画像ファイルを扱えるようになるということです。一般的に、iPhoneで写真を撮ると、カメラが捉えた光をセンサーが電気信号に置き換え、その信号を画像に変換し、JPEGファイルとして保存します。一方でRAW形式の場合、センサーが置き換えた電気信号をそのまま保存します。これにより、画質を劣化させずにホワイトバランス・露出の調整などが行えます。iOS10では高画質で出力された未加工の「生(RAW)」画像に対応し、「写真」アプリなどで今まで以上に高度にiPhone・iPad で撮影したRAW写真を編集することも可能となります。

注目!iPhone・iPad で撮影したRAW写真の保存管理は大変!

スマートフォンのカメラ機能で撮影したデータは、JPEG形式でのみ保存できるのが一般的ですが、中にはRAW撮影モードを搭載した物も、どんどん登場し始めるのは自然の流れだと言えるでしょう。最高画質の写真を撮れることや、自由にiPhone・iPad で撮影したRAW写真を編集することは撮影好きな人にとって非常に素晴らしいことでしょう。いつでもとこでも感動の瞬間をiPhoneやiPadなどでも撮影できます。ただし、RAWファイルサイズが大きすぎで通常の写真に比べて管理が大変という不便さもあります。JPEGの場合、1枚につき5MBのファイルサイズとなりますが、RAWデータは1枚で25MBほどの容量があります。例えば、旅行で1日300~400枚なんて撮影した日にはそれだけで10GBほどのデータ量になってしまいます。容量は少ないiPhoneやiPadにとってはとても大変です。iPhone・iPadでRAW写真を撮れることは本当に素晴らしいですが、RAW写真の保存管理は考えなければならないことです。そして、iPhoneで撮ったRAW写真を保存する方法とは 続き読む>>>

この記事を書いたユーザー

wowogogogo このユーザーの他の記事を見る

世界が広くて、何でもあります!

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • インターネット

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス