出典 https://twitter.com

「上げ損ねていた父の日のまんが」というコメントと共に投稿された娘と父の絆を描いた漫画の結末が感動的だとTwitterで話題になっています。

投稿者はTwitterユーザーの"しろま"さん。お誕生日に父から娘へのプレゼントは「ぬいぐるみ」しかし、ある日娘から「お父さんもうぬいぐるみなんていらないから」と言われる

幼かった娘がいつの日にか少女へ、女性へと変わっていく中で、ぬいぐるみが不要になってしまう…しかし、その結末は多くの人の胸を温かくする漫画です。

それでは、早速ご紹介します。

出典 https://twitter.com

8年後独り暮らしを始めた娘の家には父がプレゼントしてきたぬいぐるみが大切に飾られていたんですね。想像もしていなかった出来事に思わず涙ぐむお父さん。この結末には多くの人が感動したとのコメントを寄せています。

『ぬいぐるみはいらない』娘の成長からくる一言。嬉けれど、どこか寂しい父親。しかし、『お父さんがくれたじゃん』と思い出のぬいぐるみを大切にしてくれる娘に成長したことに嬉し泣きする父。父と娘。微妙な関係になりがちですが思い出を共有できるって素敵ですね。皆さんも心がじんわり温かくなったのではないでしょうか。親子っていいなって改めて思わせてくれる漫画でした♪

Thanks for reading to the end.

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス