コミケ(コミック・マーケット)やコスプレイベントに、足を踏み入れたことはあるだろうか。一種独特の空気感に、私などはたじろいでしまう。

コミック関連の同人誌やグッズを販売しているブースは、勇気を持てば、見てまわることはできる。だが、コスプレーヤーが“自身”を披露している場所は、非常に居心地が悪い。

見せるために来ている人たちなのだが、ジロジロ見て良いものなのかと不安になる。

彼らはさまざまなキャラクターに扮している。誰もが知っているものから、マイナー過ぎるものまで、思い思いのコスプレを見せてくれている。

高いクオリティで、“プロ”を感じさせるコスプレもあれば、何のために来ているのかと思うほど、レベルの低いものもある。

その中に、男性をドギマギさせる女性コスプレーヤーがいる。1人や2人ではない。露出度MAX。公然わいせつにはならないのかと思うほど、肌を露出している女性たちがいるのである。

何のキャラクターなのかさえわからず、ほぼグラビアアイドル。中には、「アダルト指定」が必要なほど、卑猥なコスチュームの女性もいる。

そのまわりには、異常なまでに接近して、写真を撮りまくる、通称カメコ(カメラ小僧)が群がっている。寝転がって、堂々と股間を撮影している。異様な光景なのだが、こうしたイベントでは、これが普通になってしまっている。

だが、女性コスプレーヤーはカメコに動じない。むしろ、わざと下着を見せているくらいである。

彼女たちは、なぜそこまでするのか。

本来コスプレとは、キャラクターと自分を同化させる、「変身願望」である。「日常の自分からの解放」という面が大きい。

日頃は自分を押し殺している人。ハジけることができず、ストレスを抱えている人。容姿にコンプレックスを持つ人。こうした人たちが、一時的にでも自分を変身させるために、コスプレに走ることが多い。

コスプレすることで、自分を見てくれる人がいることを知る。注目を集めることができる。日常では味わえない感情と出逢える。それは、快感ともなる。

露出が多くなる女性は、その快感が忘れられなくなり、「もっと、もっと!」と過激になっていくのである。他の女性に集まっているカメコを引き寄せる手段なのである。

「“露出”は見られるための手っ取り早い方法」とまで言い切る女性もいる。もはや、“露出狂”と言っても良い。

カメコやエロさを求める男性には、楽しいイベントなのかもしれないが、もはや純粋なコスプレではない。見ていて楽しく、笑えるコスプレをすることが、本当のコスプレーヤーではないのか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら