就活人気ランキングベスト100の会社に入るために

Googleやサイバーエージェントなど、学生が行きたいと思っている会社は、その分入社試験は厳しくなります。ある会社の人事の方が、もし就活の人気ランキング100に入るような会社に入りたいのならば、次のようなことを意識しながら学生生活を過ごすべきだとアドバイスしました。

人気企業に行くために、意識するべきこと

人気ランキングベスト100に入る会社は、だいたい採用は50人から100人ほど。つまり、100社×50~100人を計算すると、5000人〜10000人になります。就活生は約60万人。そのため、60万人のトップ1~2%がその人気ランキングに入る会社に入社できるということになります。もちろんその中には起業しちゃったり、ベンチャーに行く人もいると思いますが。もし、そのような人気企業に入りたければ、立ち位置として60万人の1~2%に入っておく必要があるのです。

自分の立ち位置を確認しろ

そのような1~2%に入るためにも、まずは自分がどこにいるのかを確認しなければなりません。就活エリートは当たり前にこのようなことをしているのです。

この記事を書いたユーザー

PotSpot このユーザーの他の記事を見る

若者の「今から何する?」が見つかるウェブメディア!
モノクロな日常をカラフルな毎日に
http://pot-spot.jp/

得意ジャンル
  • 社会問題
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • インターネット
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス