私は格闘技を見るのが好きな方なのですが、
山本KIDや魔裟斗、須藤元気などが活躍していた頃が一番好きで、
特にボブサップの闘いを見るのが好きでした。

あの巨体から繰り出されるパンチによって、相手を次々となぎ倒し、
秒殺する様は、スカッとする闘いっぷりでした。

そんなボブ・サップ選手。最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、
今はいったい、どうなっているのでしょうか?

最近闘った試合が話題になっているので、紹介します。

■7月2日 中国で試合が行われた

7月2日、中国の湖南国際会議コンベンションセンターで開催されたMMAイベント『ROAD FC 032』にボブ・サップ選手が参戦しました。

ちょっと”ぷよぷよ”とした体型。
あまり強そうには見えないが・・・
待てよ、こういった組み合わせどっかで見たぞ!!

これだ!!

曙とは、2回闘ってどっちとも勝っていますし、いくら筋肉が重たいボブ・サップとはいえども、元々フットボール選手だったので、相手よりも俊敏な動きで追いつめて倒せるはず!!

ボブ・サップの再起、そしてまたあの豪快なKOが見られると思うとワクワクします。

■そして悲報へ・・・

出典 YouTube

なんと36秒、TKO負け。

TKOとは、レフリ-が試合続行不可能と判断して試合を止められる場合。
試合ドクタ-が選手の状態をみて試合続行不可能と判断した場合。
を指します。

アオルコロ選手は身長188cm、体重148kg。

突進しながら粗削りな左右の剛腕を振り回し続けるファイトスタイルで、中国拳法や散打といった格闘技をバックボーンとしているよう。

そして、自らを”カンフーパンダ”と言っているらしい。。

さすがのビーストも、パンダには勝てなかったということか。。
それにしても、なんか倒れにいっているような、あんまり激しく攻撃していないような・・・

ともあれ、負けたという事実はゆるがないわけなので、
ボブ・サップが次の試合で大暴れすることを期待しましょう!!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス