2016年6月30日の午後、南米はコロンビアの上空に、まるで映画「インデペンデンス・デイ」に登場する、超巨大な円盤型の宇宙船のような積乱雲が目撃されました。

それがコチラ!

出典 https://www.youtube.com

こ…これは…((((;゜Д゜)))

たしかにこれは、「インデペンデンス・デイ」を観ているような気になってきますね…。

こちらの巨大なUFOを彷彿させる積乱雲は、見た人たちが撮影した動画をSNSに投稿したことで、海外のメディアでも取り上げられるなどして、世界中で注目を集めています。

1996年に「インデペンデンス・デイ」が公開になってから20年経った今年、続編の「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」が公開されたのですが、それもあってかこの出来事はかなりの話題性を持つことに。

しかも、7月4日のメリカの独立記念日が近いということも注目を集めるキッカケとなったのかもしれませんね。

コロンビアの気象環境学研究室によると、圧力の変化により引き起こされた積乱雲の一種だということです。

カルタヘナの町がカリブ海に面した港町ということもあり、海からの湿った風も影響して、これほどまでの大きな規模になったのではないかとされています。

映像でもご覧ください。

出典 YouTube

これはかなり衝撃的ですね…。

こんな雲が頭上に現れたら、かなりテンパるでしょうね…。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス