沖縄県の本島北部に位置する本部町。
本部町といえば美ら海水族館。

その美ら海水族館のすぐ近くにある備瀬地区は、古き沖縄風景が残る地域。
その地域で人気の高い観光スポットでもある「備瀬のフクギ並木」。

備瀬のフクギ並木は、スージー道(小道)に昔ならではの白い砂地が敷きつめられ木陰の中をゆったりとした時間で散策することができます。

スージー道’(小道)を挟むように両側には、青い空へまっすぐ伸びたフクギが並んでおり、その風景はまるで昔の沖縄にタイムスリップしたと思わせるような気持ちになります。

少し小道を外れるとコバルトブルーの海が出迎えてくれ、海の向こう側にはもう一つの人気観光スポット「伊江島」を見ることができます。

日々、時間に追われる日常を送っている忙しい人に現実を忘れさせてしまうのどかな一時を楽しむことができます。

概要[編集]
樹高は10-20m。葉は対生で、長楕円形または卵状楕円形で長さ8-14cm。雌雄異株で、花期は5-6月。1.5cmほどのクリーム色の5弁花を葉の付け根に咲かせる。果実は直径3cmほど、3-4個の種子を含む液果で黄色く熟し、クビワオオコウモリ等のオオコウモリ類の餌となる。
フィリピンに分布し[1][2]、台湾ではフィリピンと同じ生物圏に属する台東県の蘭嶼、緑島に分布する他、台湾本島にも移入され、植栽されている。日本では沖縄県や奄美群島等で防風林・防潮林として植栽されている。日本のものは帰化(移入)とされている[3]が、八重山諸島(石垣島、西表島、与那国島)には自生個体もあるという見解もある[1][4]。
用途[編集]
フクギは並べて植栽すると緑の壁のようになり、防風林・防潮林となる。沖縄県の本部町備瀬の「備瀬のフクギ並木」や久米島町真謝の「チュラフクギ」(「チュラ」は「美しい」、「清らか」の意味)などが有名である。奄美方言の地方名では「火事場木」を意味するクヮジバギといい、緑の壁のように植えておくと隣家の火事による延焼を食い止められるとされる。

出典 https://ja.wikipedia.org

【沖縄観光スポット】本部町 - フクギ並木(japan okinawa Tourist attractions Travel)

出典 YouTube

時間に追われる忙しい日々の現実逃避には「備瀬のフクギ並木」がおススメ!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら