7月7日は七夕!!そもそもなんで短冊って書くの・・?

皆さんご存知七夕は7月7日に行われる行事ですよね!
これは、日本の節目、五節句の一つとなっています!

・人日(じんじつ)の節句 1月7日
・上巳(じょうし)の節句 3月3日
・端午(たんご)の節句 5月5日
・七夕(しちせき)の節句 7月7日
・重陽(ちょうよう)の節句 9月9日

(七夕と書いてしちせきと言うんですね〜)

では何故、七夕を「たなばた」というのか・・・

じつは、7月7日はお盆を迎える準備の日として昔から大切にされてきました。
その際、神様にお仕えする乙女がいらっしゃるのですがその方を
「棚機女(たなばたつめ)」と言っていたことから、
「たなばた」と呼ばれるようになったそうです。

そもそも日本の七夕(しちせき)には、織姫と彦星は出てきません!ww

じゃあ、織姫と彦星ってなんなんだ?

実は、織姫と彦星は中国伝来のおとぎ話なのです!!
事実として、
織姫(こと座のベガと言わる星「織女星(しゅくじょぼし)」)と
彦星(わし座のアルタイルと言われる星「牽牛星(けんぎゅう)」)は
年に1度7月7日に天の川を挟んで最も明るくなります!!

これを元に中国では7月7日は巡り合いのロマンチックな日
となったんですね〜

(ちなみに2人が出会う橋の名前は鵲橋(かささきぎばし)と言います!)

そして、短冊に願い事を書く風習、それも中国の昔からの習慣です!
その名も乞巧奠(きこうでん)
織姫は機織り、裁縫が上手な方で、その日に機織りや裁縫をすると織姫のように
上手になると言われていました!!

そこから派生して、芸事、書道、がうまくなる〜
だのして、今では何でもありになりましたww

要するに、
日本と中国が全く同じ時期に別のイベントをやっていたら、
いつの間にかごちゃごちゃになった!!って感じですww

(多分 お盆にご先祖様に会える!→年に一回会いたい人に会える!→織姫と彦星に似てる!! って言う流れだったんですかね?ww)

短冊の正しい書き方!!作法とは?

実は、短冊に使える色の種類は決まっております!!
それは
赤、青、黄、白、黒(紫)の五色!!

これは陰陽道の五行説が元となっております。

青→木々の緑(緑のことを「あお」っていう人いるよね)を表す「木行」
赤→炎を表す「火行」
黄→大地を表す「土行」
白→大地に埋まる金属を表す「金行」
黒(紫)→命を育む「水行」

(日本の曜日もこれに、ちなんでるよ!)

そして、それらにはそれぞれ「徳」と言われるものがあります。
その徳に基づき、風水的な思想も取り入れ、色によってかなえられる願いというものが
決まっております!!

青→「礼」(成長)例えば、大きくなりたい!〜が上手くなりたい!
赤→「仁」(決断)例えば、〜する!、〜をやり遂げる!
黄→「信」(金銭)例えば、お金がほしい!、商売繁盛!!
白→「義」(厳守)例えば、〜を守る!、〜をサボらない!
黒(紫)→「智」(勤勉)例えば、〜に合格する!、〜点以上とる!!

と言った具合ですね。
南総里見八犬伝なんかで出てくる言葉ですね。

そして大切なこと、
短冊に書く願いごとは言い切る!!

例えば、
サッカーが上手くなりたい→サッカーが上手くなる!
お金が欲しい→お金を稼ぐ!

と言った感じです。

どうでしょう?
七夕の歴史、短冊の書き方わかりましたか?

文字が多くて読みづらいですかね?ww

兎にも角にも、
7月7日は良い日になりますように!!

それでは!!

この記事を書いたユーザー

inox16 このユーザーの他の記事を見る

ホラーゲーム、パズドラ、麻雀、ギター、動画編集、ゲーム作成、廃墟めぐり、etc
とにかくなんでもやりたい!そしてすぐ飽きる!w

得意ジャンル
  • 音楽
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス