「日本橋つじ半」は、平日でも2~3時間の行列は当たり前

日本橋にはいくつもの行列店がありますが、そのなかでも有名なのが「日本橋 つじ半」。
名物の海鮮丼「ぜいたく丼」を食べるためには、平日でも2~3時間は行列しなくてはなりません。
それもそのはず、この「つじ半」は、同じく日本橋の行列店 天丼の「金子半之助」とつけ麺の「めん徳二代目つじ田」がコラボして出来たお店なのです。

「おいしいに決まっているけどそんなに行列して待つのはイヤ!」という方に、とても良い情報があります。

この「日本橋つじ半」、立川市にある「ららぽーと立川立飛」の中にある店舗なら、行列せずに食べられるというではありませんか。
さっそく確かめに行ってきました。

フードコートに日本橋の行列店が入っていました

立川のつじ半は、ららぽーとの中のフードコートにありました。
開店直後に行ってみると、なんと行列がありません!

メニューは、日本橋のお店とは少し違います。
こちらのメニューは以下の通りです。

ぜいたく丼 梅 880円
ぜいたく丼 竹 980円(+しらす)
ぜいたく丼 松 1280円(+いくら)
ぜいたく丼 特上 1580円(+いくら、うに)

注文すると、その場で1品ずつ用意してくれます。
書かれているお店のおすすめの食べ方などを読んで待ちましょう。

出来上がったどんぶりを持って、席に着きます。

これが、ぜいたく丼 梅のセットです。
右側のポットには、鯛出汁が入っています。
日本橋では、お茶碗にご飯をもらってだしをかけてもらうそうですが、こちらはフードコートなのでセルフサービスです。

手前の小皿は、最後のお茶漬け用のごまだれのかかった刺身小鉢と、黄身醤油です。
ではさっそくいただきましょう!

お店からのおすすめの食べ方は

① 海鮮の山を崩して平らにし、付属の黄身醤油にワサビを溶いて全部かける。
② 適度に残した海鮮丼に小鉢の刺身をのせ、鯛出汁をかけて海鮮茶漬けにして食べる

お茶漬けにすると、あんなにたくさんあった海鮮の山もスルスルと食べられました。
海鮮丼と海鮮茶漬けの2種類が食べられて、大満足でした。

行列に並ばずに、日本橋つじ半のぜいたく丼が食べられる 立川のららぽーと。

行列店に興味のない方も、1000円以内でおいしい海鮮丼が食べられるのできっと満足していただけるでしょう。

ちなみに、11時前になると行列が出来始めるので(日本橋ほどの長いものではありません)、10時の開店すぐに出かけるのがおすすめです。

フードコートには、他にもたくさんのお店が入っていますので、お子様連れなどでも十分に楽しめると思います。
ぜひお出かけになってみてください。

この記事を書いたユーザー

みみ このユーザーの他の記事を見る

東京の気になるものを見に行くブログ「お出かけ大好き みみみのごはん」を書いています。
写真多め、おいしいもの多めのお出かけブログです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス