年収400万円500万円、何がどうちがう?

手取りが10万円台からスタートした社会人生活。年収も徐々に増え、30代には400万、そして30代も後半にさしかかると夢の500万円に手が届く人もでてきます。

ところで年収400万円と500万円、具体的には何が違ってくるのでしょうか?100万円の違いがどこに出てくるのでしょうか?100万円の年収の違いが、どのくらいのゆとりを生むがまとめてみました。

年収400万円の生活レベル

給与に関する、とある統計調査によりますと、会社員の平均年収は400万円程度。年収400万円というと、年2回のボーナスがあると考えて毎月の手取りは25万円程度になります。

ちなみに年収300万円の時と比べると50,000円増えることになります。これが一人暮らしの人ならまだいいのですが、年収400万円をもらう年代は結婚する人が増えてくる頃。ちなみに婚活中の女性が男性に求める最低年収は400万円だそうです。

さて年収400万円の生活レベルですが

・家賃 90,000円
・水道光熱費・通信費 40,000円
・食費 50,000円
・交際費 10,000円

とすると毎月の支出が計19万円。残り60,000円になります。ここから月々の貯金お小遣いを捻出するということになります。これはちょっと厳しいですね。

独身・実家暮らしならいいですが、結婚していて奥さんが専業主婦なら節約を考えたほうがよさそうです。

具体的なイメージとしては、

・中古マンションなら購入可能
・車は中古車
・家族旅行は海外旅行じゃなく温泉
・子供が2人目が生まれても大丈夫
・ただし服は格安チェーンストア

という感じでしょうか?

年収400万円のやりくり術

年収400万円は、年収300万円の時と比較すると余裕が生まれますが、結婚したりすることで固定費が高めになる傾向にあります。

そこで、自由になるお金を増やすためには固定費のカットが必須。固定費とは、収入が増えようが減ろうが、毎月一定の額でかかってくる費用のこと。家賃や住宅ローン、毎月支払う月謝などの教育費、生命保険料、携帯電話代などです。

固定費の節約でもっともうれしいのは、いったん見直せばその後は何もしなくても支出が減っていくこと。特売のスーパーをハシゴするよりも節約効果ははるかに大きくなります。例えばスマホの料金プランを見直して夫婦で5,000円安くできれば年間60,000円の節約になります。

2016年4月の電力小売り自由化にともない電気事業者の見直しをあわせてするのもいいでしょう。家賃が高い人は今後を見据えて引越しを検討するのもいいですね。もし家賃を20,000円減らせたら、年間24万円の節約ができます。

ちなみに年収400万円の理想的な貯蓄額は年間55万円から65万円。ひと月に計算すると50,000円程度の貯蓄が目標になります。将来を見据えて固定費を思い切ってコストカットするなどして、ストレスを少なくしつつ貯蓄に回すのが理想的。

2014年の家計調査によると、平均貯金額は、30歳未満で平均288万円、30~39歳未満で平均628万円、40~49歳で平均1049万円となっています。

年収500万円の生活レベルは?

サラリーマンの平均年収が400万円前後なので、年収500万円といったら真ん中よりちょっと上、ゆとりあり組の仲間入りになるのでしょうか。

毎月の手取り収入は年収400万円の時と比べて30万円程度となります。もし、年収400万円の時と同じ生活レベルをキープできれば、「月々11万円」自由に使えるお金がもてるということです。

結婚してお子さまが2人になる家庭も増えますが、児童手当や扶養控除などが反映されますので、さらに手取りが増えることもあります。年収300万円のころと比べるとレジャーや趣味を楽しむ余裕も生まれてきそうです。

具体的には

・新築マンションをローンで購入可能
・子供2人がいても習い事OK
・家族旅行は年1回
・外食は月1回
・服は基本的に価格の低いカジュアルブランド系

といった感じになります。

年収500万円のやりくり術

年収500万円を超えると一気に余裕がでてきたと実感する人も多いでしょう。ただ、ここに落とし穴があります。500万円の大台に乗って気が緩むのか支出が増えてしまう人も多いのです。

外食やコンビニでのちょっと買いが増えれば、年収がアップした分など一気になくなってしまいますね。ここで油断をせずに、最低でも手取りの20%、つまり月平均で6~7万円貯金にまわすことを目標にしましょう。年収500万円の理想的な年間貯蓄額は70~80万円とされています。

子供が大学に進学、しかも親元を離れるとなったら月10万円くらいは軽くとんで行きます。またそれ以前に中学受験をするために塾に通うとなったら年間50万円ではたりない場合も出てきます。

年収500万円にアップしたら、それに舞い上がらず毎月の無駄遣いを減らし、その分を貯蓄に回すような筋肉体質の家計にして将来に備えましょう。

この記事を書いたユーザー

HOW MATCH このユーザーの他の記事を見る

あなたの年収、副業、節約、貯金、貯蓄に関する悩みを徹底的に追求するWebメディア「HOW MATCH」です! http://how-match.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら