上海で暮らしていた頃、久しぶりに上海から日本へ帰国する船中で、一人の女子大生から「毎日美味しい中華料理が食べられていいですね」と、言われたことがある。私は咄嗟に「日本のものとは味が違いますよ」と、言った。すると彼女は「中華街で食べる中華料理は美味しいですよね?」と、言う。私は続けて「あれは日本人に合わせて作ってあるから美味しいんですよ。」と言ったが、彼女には私の言っている意味が理解出来なかったようだ。

日本で中華料理と呼ばれているものの一部は、実は日本でアレンジされたものも少なくない。

上海で暮らす以前に日本で、中国人の作った水餃子を食べたことがあるが、餃子の味付けに大量の油を使い、日本人にとっては油っぽくて、とても美味しいとは言えなかった。日本人が美味しいと感じるものと、中国人が美味しいと感じるものは完全に異なる。

中国人が油の好きな理由とは

上海で生活して初めて油が必要な理由が分かった。日本と大陸とでは気候が異なる。上海付近の沿海部でも年間を通して、日本とは比べものにならないほど乾燥している。大量の油を摂取しなければ体中の皮膚がガサガサに粉を吹いてしまう。つまり、中国人は油が好きなのではなく、必要なのだ!

こちらのブログも参考にどうぞ

全部主食の日本人!
中国人から見たら絶対に
おかしいと思う日本人の
食習慣があります。
それは垃麵・焼売・餃子の

この記事を書いたユーザー

横浜西(よこはませい) このユーザーの他の記事を見る

以前、上海で暮らしていたことがあります。大陸での体験や旅行での見聞を書いたり、中共政権の政治政策について書いています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行

権利侵害申告はこちら