緑茶に含まれる成分にダウン症の症状を改善する効果

スペインのゲノム制御センターの研究チームのマラ・ディエルセン博士らのチームは、このほど、緑茶に含まれる成分にダウン症の症状を改善する効果があるとの論文を英医学誌『ランセット・ニューロロジー』の電子版2016年6月号で発表しました。

ダウン症について

「ダウン症」の正式名称は「ダウン症候群」といい、21番目の染色体が3本あるために起こる生まれつきの疾患のこと。21番目の染色体が3本あることで、細胞内に発現する遺伝子も生成されるタンパク質も多くなり、それがさまざまな障害の原因となり、学力能力や精神発達の遅れや特有の顔立ち、多発奇形が見られる症候群です。

卵子や精子がつくられる過程で、染色体がうまく分離されないことで、異常が起こることは判っているのですが、どうしてそういった染色体異常が起こるのか、はっきりとした原因は今のところ判っていません。

世界保健機構(WHO)の発表によると、1,000人に1人の割合で発症しているとのことです。今のところは、根本的な治療法はないとされていました。

緑茶に含まれるEGCG

ディエルセン博士らはダウン症の症状の大きな原因となっている遺伝子を突き止めるとともに、この遺伝子の活動を制御すればダウン症の認知症状を軽減できるのではと考えました。

そこで目をつけたのが緑茶に含まれる‘EGCG‘という物質でした。EGCGとは、緑茶に含まれるポリフェノール(植物由来成分)の1つ『エピガロカテキン・ガレート』のことです。

研究チームは87人のダウン症患者に1年間にわたって認知能力の訓練をする一方で、半数にはEGCGを、残る半数には偽薬を与えてみました。するとEGCGを投与された人々は視覚記憶や計算能力が改善し、脳の画像診断でも神経細胞間の連携や言語に関する脳の部位の機能に改善がみられたというのです。

ディエルセン博士は「ダウン症の薬物療法に道が開けた」と語っています。

脳神経に直接届く働きはあるものの、現時点で治療効果を期待するのは楽観的?

2014年にスイスのバーゼル大学シュテファン・ボルクバト教授率いる研究チームが、健康な被験者12人に緑茶抽出物を投与する実験を行ったところ、脳内のワーキングメモリーに関係のある部位の連携がよくなったという結果が出ていて、EGCGを豊富に含んだ緑茶を飲むと記憶力が向上したという成果があるとすでに発表していました。EGCGなど緑茶に含まれる成分には、脳神経に直接届く抗酸化作用と免疫力を高める働きがあることは確かなのです。

しかしながら、現時点で治療効果を期待するのは楽観的過ぎるとボルクバト教授は言います。効果の範囲が不明であり、患者の症状も多岐にわたるため、「患者にとって完全に適切と言える薬」になるかどうかは分からないからです。

いつか治療薬ができる日もくることでしょう

楽観的だという意見もあるものの、少しずつですが、こうしていろんなことが判ってきていることで、近い将来、ダウン症の治療が可能になる日が来るかもしれませんね。現代医学に期待したいものです。

参考資料

他にこんなお話も

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら