いまや、誰もが1枚以上持っていると言われているクレジットカード。あなたの財布には何枚入っていますか?

クレカを作る際、ほとんどの人が2つの基準で選んでいるのではないでしょうか。

・自分の消費行動に合っている
・ポイントが貯まりやすい

しかし、いざ貯めたポイントを使おう!と思っても「アレ?意外と貯まってない…」なんてことはありませんか?

その原因は、消費行動に合わせてクレカを複数使い分けてしまうことにより、ポイントが分散されてしまっているからかもしれません。

今回は、消費行動の中でもオンラインショッピングに着目し、クレカを上手に使って賢くポイントをGETできる方法をご紹介します!

「オンラインショップ×クレジットカード」の組み合わせでポイントを貯める!

オンラインショップでの買い物で、切り離せないのがクレジットカード。

いまや、オンラインショップにてカード決済で買い物をすると、高還元率でポイントが付与されるのが当たり前の時代です!

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonの主要3つのオンラインショップで、相性のいいクレカをご紹介します。

・楽天市場×「楽天カード」

楽天市場でのお買い物が、常に4%という高い還元率が魅力的。

スーパーポイントアップというプログラムを使えば、最大7%という驚異の還元率に!このプログラムを使えば、さらに楽しくお得にポイントを貯めることができますね。

楽天カードの詳細はコチラ

・Yahoo!ショッピング×「Yahoo!Japanカード」


Yahoo!ショッピングでのお買い物が、常に3%の還元率でポイントを獲得できる他、毎月5のつく日は、ポイント還元率が5%となるキャンペーンを行っています。

・Amazon×「オリコカード・ザ・ポイント」


Amazonでのお買い物が、常に2%の還元率でポイントを獲得できます。

オリコカード・ザ・ポイントは、他のカードよりも還元率は低めではありますが、実はAmazon以外のショップでも、オリコモールを経由することでポイントを獲得できる、オールマイティなカードになっています。

主要オンラインショップだけの還元率でみると、「楽天市場×楽天カード」の組み合わせが、常に4%と最も高いですね。

さらに楽天市場は、TVCMでもよく耳にする楽天スーパーセールというキャンペーンがあり、ポイントが10倍になることもあるのです!

還元率が1%変わるだけで、ポイントの貯まり方に大きな差が生まれる!

例えば、オンラインショッピングで月に5万円分の買い物をしたとします。

還元率4%の「楽天カード」と、還元率3%の「Yahoo!Japanカード」で比較すると、「楽天カード」の場合は2,000pt、「Yahoo!Japanカード」の場合は1,500ptなので、月で500ptの差が生じます。

たったこれだけかと思うかもしれませんが、年間で考えた場合には500pt×12か月で6,000pt=6,000円分もの差が…!

買いたい商品の有無にもよりますが、オンラインショップでの買い物は同じオンラインショップ同じクレカを使った方が、より賢くお得にポイントを貯められる!ということが分かりましたね。

楽天市場でお買い物される方は楽天カードをチェック

オンラインショップで貯めたポイントの使い道

「貯めたポイントを何に使おう?」なんて考えるのも、ポイントを貯める楽しみの一つ!

オンラインショップで使えるのはもちろん、さらに、身近にある様々なリアル店舗で利用することができます。

総合的に見た場合に1番いいクレカはどれ?

・楽天カード × 楽天スーパーポイント

サークルKサンクス、さらに楽天Edyを使えばほとんどのコンビニで利用するこができます。ミスタードーナツでも使えるので、ドーナツ好きには嬉しいですね。その他ガソリンスタンドや、多くの加盟店で幅広く使えるのも魅力的です。

・オリコカード・ザ・ポイント × オリコポイント


Amazonギフト券やiTuneギフト券と交換でき、なんと楽天スーパーポイントやTポイントにも交換OK!交換できる選択肢が数多く存在するので、一度チェックしてみてはいかがでしょう?

・Yahoo!Japanカード × Tポイント


TポイントはTSUTAYAをはじめ、ファミリーマートやガスト、ENEOSなど、数多くの店舗で使うことができます。さらに、電気料金にもポイントを利用できるサービスも検討されています!

人それぞれ好みが違うので、これ!ということは言えませんが、総合的にみた場合は「楽天カード」が一歩リードしているのではないでしょうか。

日本最大級のショッピングモールである楽天市場で常時4%という還元率。さらに数多くの加盟店があり、ネットでも身近な店舗でも、ポイントの使い道が多いのは嬉しいですよね!

日常生活のあらゆる場所で、お得にポイントを貯めて使えるというのはすごく魅力的です。

この機会に、改めて自分の消費行動を見直してみては?

財布に複数入っていたクレカが、すっきり1枚になり、財布にはポイントという見えないお金が入ってくるかもしれませんよ!?

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス