「かぎしっぽ」ってなに?

猫のしっぽをよくよく観察すると、まっすぐで長いもの、短くて丸っこいもの、そして雷のようにギザギザっとしたものなどいろいろな種類があります。

その、ギザギザっとしたしっぽのことを「かぎしっぽ」「尾曲がりしっぽ」と呼ぶって知っていました?

私はその呼び名を、自分がかぎしっぽの猫を飼ったとき、初めて知りました。

かぎしっぽに出会えたらラッキー?!

そして、このかぎしっぽを持つ猫、ヨーロッパでは「幸せを呼ぶ猫」と言われているそうです。

ギザギザっとしたしっぽを釣り針に見立てて、しっぽの先に幸運をブラさげてくる・・・なんて。ちょっと素敵なお話。

もうひとつは、しっぽがまっすぐな猫のほうが多いため、かぎしっぽの猫に出会えたらラッキーという意味合いもあるとか。

かぎしっぽの猫、どこで出会える?

日本でも、ペットショップで売られている猫は大抵しっぽがまっすぐな猫。街中で見かける猫もほとんどしっぽがまっすぐです。

でも、実は例外な場所が・・・。
九州の長崎には、かぎしっぽを持つ猫がとても多く、その割合は実に約7〜8割。

これには理由がありました。
長崎は江戸時代から海外との貿易が盛んだったというのは、歴史の教科書でも学ぶこと。このとき、オランダ船に猫も乗ってきたというのです。船の積荷をネズミから守るというりっぱな役割を当てられて。

そのまま居着き、家族が増えていった結果、現在のかぎしっぽ大国 長崎ができあがったということでした。

幸せが足りない!と思ったら・・・

最近、幸せが足らない!!と思っている人がいたら、長崎に行ってみるといいかもしれません。そこら中に、幸せを呼ぶかぎしっぽの猫がころがっているかも?

いえいえ、本当はかぎしっぽなんて持っていなくても、かわいい猫がそこにいるだけで幸せを感じられるような気がします。

この記事を書いたユーザー

Iori このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス