梅雨明けが待ち遠しいですが、気温だけはぐんぐん上がって、摂氏30度を超す日も多くなっています。
そんな日は冷たいアイスで一息つきたいところ。
ジェラート専門店 マリオジェラテリアでは期間限定ジェラート「青リンゴキウイチアシード」と「スイカ」を、2016年7月1日(金)より、マリオジェラテリア5店舗にて販売しています。
そのうち、「青リンゴキウイチアシード」を食べてみました。

出典記者撮影

ジェラートはイタリアの氷菓子のこと。シャーベットよりも濃厚で、実はアイスクリームよりも空気の含有量が少ないためぎっしぎしに詰まっているような感じです。
ただし、乳脂肪分はアイスクリームよりも少ないため、日本ではアイスミルクや氷菓という分類になります。濃厚な割には低カロリーだと言えるかもしれません。

出典記者撮影

さて、味の方は、食べた瞬間は青リンゴの甘酸っぱい酸味の効いたさわやかな味が広がりますが、舌で味わっていくと徐々にキウイの柔らかい甘みが広がります。

出典記者撮影

また、種のようなものが入っていますが、これが件のチアシードです。
自分の体積の12倍もの水分を含むことができ、ゼリー状になります。この種がキウイの種のような食感で、たっぷりと果汁を吸った後に作られているのがわかります。

出典記者撮影

店頭でも、テイクアウトでも楽しむことができるので、暑い夏のひと時に濃厚なのにさっぱりしたジェラートはいかがでしょうか?

取材記者 古川智規(フリーランスライター)

この記事を書いたユーザー

古川智規 このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライターとして雑誌やWEB媒体に執筆しています。特にジャンルはなく、なんでも書くことを心情としています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら