下半身不随になったから誰も欲しがらなかった

誰も彼を欲しがらなかった。彼は下半身不随だった。だから重荷。。

車に跳ねられて、道路脇に横たわっていた犬。一度は命を助けられたけど、後ろ足が動かなくなった。

そのせいで引き取り手が現れず、殺処分されることになった。

出典 http://www.thejournal.ie

交通事故に遭い下半身不随に

セカンド・チャンス

ステーシーとマイク・ウイリアムズ夫妻は、そんなチャンスにもう一度生きる道を与えた。

だから、犬の名前は‘チャンス‘になった。

出典 http://www.thejournal.ie

もう一度生きるチャンスをもらった

同じ境遇だから理解しあえる

‘チャンス‘の前に現れたマイクさんも下半身不随だった。

「体が不自由なことがとても大変だということは、僕もよくわかっているから。」とマイクさん。

「下半身不随の犬が、誰も貰い手がないと聞いて、夫が引き取ろうと言ったの。」とステーシーさん。

出典 http://www.thejournal.ie

車いすをもらった

車いすをつけたら自由になった

車いすをつけたら、思い切り走れるようになった。

チャンスは、マイクさんとどこに行くのも一緒。何をするのも一緒。

もう何も問題はなかった。

出典 http://www.thejournal.ie

どこに行くのも一緒、何をするのも一緒

チャンスとマイクさんの動画が話題に

出典 YouTube

この動画は、2016年6月24日にアップされたYou Tubeでは再生回数 1,626,000回を超え、Face Bookでは2016年6月25日にアップされて再生回数は61,240,000回を超えた。

チャンスがキャンペーン・ドッグに

‘チャンス‘は、クリネックスのキャンペーンドッグに選ばれた。人々が障害を持つペットをもっと迎え入れてくれるようにと‘チャンス‘の話が選ばれたのだ。

ナイス・バディ

まさに、この2人こそが『ナイス・バディ』ですね!

出典 http://www.adweek.com

思い切り走れるようになったチャンス

参考資料

こんなお話も。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス