世の中には奨学金による自己破産者が存在します。

個人的には、奨学金は将来還さなくてはならないものなので、還せないならば借りないべきで、進学せずに働いてお金を貯めてから大学進学すれば良いと思います。

また、就職もできないくらい微妙な大学に入るなら、わざわざ奨学金を借りるまでもないというか。

昔みたいに大学進学が難しい時代ではなく、いまや大学に入ることが良い企業に入るアドバンテージになるかというと疑問です。

そんな中で奨学金を借りて大学に進学する意味とはなんなんでしょうか。

例えば、自分がどうしても研究したい分野があったり、大学に入らなければ就けない企業や公務に携わりたいならば別ですが、微妙な大学に入ったところでその可能性はかなり狭いはずです。

大学に入学すれば分かりますが、そもそも大学で真面目に勉強している学生はまれです。

そのため、企業は空虚な大学生活で磨き上げたものよりも、その人自体がわが社に合うかどうかを重視しています。
ということは、大学を経ても越えられない壁があるのも事実です。

微妙な進路になった時、越えられない壁の向こう側に自分がいるならば、奨学金を借りてその大学に入っても価値があるでしょう。
これを微妙な大学だけど磨けば光る人材とします。

しかし、大半はプラスワンがなく、ただの微妙な大学の卒業生になります。

そんな学生を採用するくらいならば、人件費の安い人材を採用するでしょう。

それが奨学金返済の空洞化を引き起こしているのですが、合理的にも感じます。

就職もできない大学には、奨学金を借りて入ろうとすべきではないと思います。
もちろん重要なのは個人の資質ですが。

この記事を書いたユーザー

ジッポ太郎 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら