オードリー若林さんといえば・・・

出典 http://www.amazon.co.jp

南海キャンディーズの山里さんとコンビで「たりないふたり」と、人と比べていろいろなことが「たりない」・・・悩みが深かったり、人見知りだったり、ふつうの人は気にしないようなところが気になったり・・・というタイプとして有名です。

そんな若林さんがホストをつとめる「ご本、出しときますね?」

若林さんと親しい作家や、話したいと思う作家の先生方を招いて、世間や作品さまざまなことについてトークするという番組です。

先日、1stシーズンが惜しまれながら終了しました。

そんな番組中に、若林さんが語った「希望」とは?

Licensed by gettyimages ®

震災時に、この表現は自粛したほうがいいかな?と感じたことをきっかけに
「(小説は)いつも誰かのことを傷つけている可能性があるんだ、ということを忘れずに書きたい」という西加奈子さんの言葉を受けて、若林さんは
「人間って、結構善と言う気持ちがスゲー強いんだなって、舞台上で何度も感じた」

「例えば、ハゲているひとをイジったときに、この表現までは笑うけど、ここを越えると引く という“正義のライン”がある」

「そのラインが怖い。だれが決めてん?って思う」という西さんの返事に

「でも、オレはこのラインは希望」とこたえました。

「このラインがあることで、すごく救われた」

愛のあるイジりまでは笑う、でも、イジりすぎたら400人くらいのお客さんが引くから・・・人間って直感的にいいことと悪いことを判断してて、その(正義の)ラインが、オレが思っているよりも手前だから、人間っていい人が多いんだな、と思う」

この言葉には、あまり人を簡単に信用しないだろう若林さんだからこそ、なんだかぐっとくるものがありましたね。

前の放送で、正義について話したシーンがありました

この正義と、若林さんが救われた「正義のライン」というのは別のものですね

どうして、ステキなものであるはずの正義心が、集団になるととことん恐ろしいものになってしまうのでしょう。

「仕事や作品に対して、ズルをしない」という言葉も良かったですね。

「(芸能界が悪いわけじゃないけれど)芸能界という場所に、若林さんみたいな人がいるなんて」と、驚かれていましたね。

人の本性は善である?

出典 http://www.amazon.co.jp

若林さんは、、いかにも性悪説を指示していそうなキャラクターかな?と思い込んでいた私ですが、春日さんに対しての語り口や「正義のライン」についての評を聞いていると、根底に「善なるものへの信頼」があるように感じられました。

私たちも、自分の本能のなかにある「正義のライン」大切にしたいですね。

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス