公園から子どもたちの姿が消えて久しい。いまの小学生が外で遊ぶことは、ほとんどない。また、塾があるので、“真面目に遊ぶ”時間もない。ほんの少しの隙間時間を使って、ゲームをするのが遊びである。

外で遊ぶことができるのは、幼稚園児以下の子どもたちだけ。しかし、遊具での事故が増え、次々と撤去されてしまった。

怪我をした子どもの親たちも、その責任を行政に求めるようになり、さらに遊具が消えることになった。

昔と今の遊具はどこか違うのだろうか。ブランコ、すべり台、シーソー、ジャングルジム……。多少デザインは変わっているが、基本的には同じ。変わったのは、子どもの運動能力と、親の思考回路である。

昔の子どもも多少の怪我はした。特に男の子は、危険なことが好きだ。小さな怪我を繰り返して、「危険」を学び、ギリギリのところで手加減をしていた。親も怪我など気にもせず、“赤チン”を塗って、「ハイ、おしまい!」。

ところが、いまの子どもは、少しでも怪我をすると、親がすぐにやめさせる。「危ないから、行っちゃダメ!」。遊具を管理する行政に、文句を言ったりもする。まったくの筋違いではないのか。

小さな怪我をたくさん経験しておかなければ、大きな怪我をした時に対処できなくなり、精神的ダメージが大きくなる。小さな怪我でもオロオロする、弱い人間になってしまう。

しかし、いまの子どもは、危険なことをやったことがないから、“手加減”を知らない。痛みもわからない。だから、度を超してしまい、事故となるのである。

身体を使い、小さな怪我をしながら、危険を学んでいくのである。これは、生きる上で必要なことである。

「危険」を教えるためにも、親は意識を改めなければならない。怪我をするのは、遊具のせいではない。子どもは怪我をするもの。

怪我をしやすいのは、子どもを外で遊ばせない、親の責任である。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス