アベノミクスによる経済成長戦略の一つとして、「女性活躍推進」があります。
近年では出産後に職場に復帰する女性も増えてきていますよね。
世間では仕事と育児の両立を推進する方法が模索され、個人の働き方や家庭環境・育児ニーズに適応する柔軟な育児環境の整備が急がれています。

仕事と育児の両立を図るためには、家族はもちろんのこと、やはり企業の協力体制が不可欠ですよね。

今回は、「社員と子どもたちに自由な育児環境を選択してもらうための自社運営の企業内託児スペースを開設し、2016年12月14日より運営を開始する予定という日本のとあるITベンチャー企業の取り組みを紹介します。

その企業とは、上記の記事でも紹介してきた国内No.1の業界シェアとインターンシップの人気を誇る「株式会社ワークスアプリケーションズ」(以下「ワークス」)。

Great Place to Work Institute Japanが実施する 「働きがいのある会社」調査において9年連続でベストカンパニー賞を受賞しているワークスの、新たな女性の活躍推進の取り組み、それが

「社員・スタッフみんなで運営する」をコンセプトに開設する社内託児スペース「WithKids」です。

社内託児スペース「WithKids」開設のきっかけ

ワークスはこれまでにも「ワークスミルククラブ」という出産育児支援制度を2004年に始めていました。
この「ワークスミルククラブ」も職場復帰特別ボーナスの支給や子どもが小学校を卒業するまで選択できる短時間勤務制など、充実した出産育児支援制度として社員をサポートしてきました。

そして今年の「女性活躍推進法」の施行に合わせて、さらなるママ・パパの新しい働くスタイルを考えるプロジェクトとしてワークス社員が有志で集まったことが今回の「WithKids」開設の始まりだそうです。

理想の“働く”スタイルや親子で育む食育・遊育・共育などについて、ワークスに在籍する多種多様な国籍・バックグランドを持つ社員の視点や意見も取り入れながら議論を重ねた結果できあがったのが、
社員・スタッフみんなで運営する新たな育児スタイル』『みんなで築く子どもの成長』をコンセプトにした企業内託児スペース「WithKids」です。

"働く社員のことをイチバン知っているワークスが直接運営することで、好きな『仕事』も『育児』も思い切りできる。そんな環境を提供したい"
「WithKids」には、そういった想いがこめられています。

「WithKids」概要

・名称    : 「WithKids(ウィズキッズ)」
・所在地   :  東京都港区赤坂(ワークス本社内)
・運営開始日 :  2016年12月14日
・保育形態  :  月極保育・一時保育(当日申込可)など
・設備形態  :  0歳児室、1歳児室、2歳以上児室、ふれあい広場、病床、調乳室、幼児用トイレ、シャワー、収納スペース、洗濯機、事務室など
・保育対象年齢:  制限は特になし
・保育定員  :  20名
・保育時間  :  8:00~20:30
・保育内容  :  お歌、読み聞かせ、お絵かき、工作、英語、発育チェック、プログラミング、トイレトレーニング、給食、運動、体操、遠足、各種季節イベントなど
・利用対象者 :  ワークスグループの社員(育児休暇中の社員や男性社員の利用も可)
・運営形態  :  自社運営(認可外)

出典 http://www.worksap.co.jp

・普通保育、一時保育
・当日申込みでも一時保育可
・おむつ等、育児に必要なものは揃っているので、手ぶらで通勤
・通年いつでも入退所可能
・食事も給食、食堂で一緒にお子さんとご飯も
・調理ができるキッチン付き(社員食堂)
・育休中の社員でも、もちろん男性でも利用可能

出典 http://career.worksap.co.jp

こちらが"社員の働き方に合わせた"「WithKids」の育児スタイルです。

一般的な保育施設では受入れが難しく、"働くママ"の大きな壁となっている一時保育病後児保育にも対応していくことで、働きながらの育児における不安や負担軽減を目指しています。

また、フレックスタイム制を有するワークスでは、混雑時を避けて親子一緒に通勤ができます。
さらに親子での食事などで共に過ごす時間を確保できるのも「WithKids」の特徴です。

・安全であること
・子どもが自由に過ごせる空間
・自分の頭で考える子どもに育てる
・外国人社員も含め、社員の一日先生
・歌、朗読、絵、創作、運動、体操
・遠足、クリスマスパーティ等の各種イベント
・子育て相談、研修会
・子どもが走り回れるオフィス

出典 http://career.worksap.co.jp

そして「WithKids」が目指すのはこのような育児環境。

通常の託児所のようなアクティビティの他にも、「自分の頭で考える」ことで小さいころからワークスが必要とする「クリティカルワーカー」の素養を鍛えたり、外国人社員が「WithKids」を訪れることで異文化に触れられるなど、他にはない子どもの成長のための環境を目指します。

子どもが頭も体も使ってのびのびと過ごせる環境、それが「WithKids」なんですね。

新たな保育スタッフも募集!

「利用者を"サービス提供者と利用者"としてでなく、 同じ会社の同僚として接し、共により良い保育を目指していける方」
「利用する保護者やそれ以外の弊社社員と共に、仕組みの整備・運営・発展についてとことん考え、実行していく意思のある方」

新たな託児スペースを創りあげ、育児に対する社内の理解促進や風土の醸成を目指していく上で、このような人材が求められていくようです。



Twitterでも大反響!

このワークスの取り組みのプレスリリースを受けて、「本当にすごい」といった大絶賛の声がTwitterでも続々です。

もっともっと多くの企業にこの取り組みが広がるといいですよね。

ここまで高報酬の保育の仕事はなかなかありませんよね。
アベノミクスの成長戦略には入らないのでしょうか。

保育の道を志す「クリティカルワーカー」の活路になるといいですよね。

ワークス公式Twitterアカウントの「中の人」も大喜びです。

いかがでしたか。

「すべての優秀な人材が活躍できる環境を提供することを目指す」ワークスならではの、社員と子どもたちのためを思った充実した社内託児サービスでした。

世間でも「女性活躍推進法」が施行され、女性の活躍推進・雇用促進に向けて女性管理職の登用などの行動計画の策定が義務づけられることになっています。

「WithKids」を筆頭に、様々な業界に仕事と育児の両立を推進する取り組みが広がっていき、ワークライフバランスの両立がしやすい社会が実現されていくといいですね。

この記事を書いたユーザー

Hiromitsu このユーザーの他の記事を見る

世界最大の学生団体”AIESEC”所属、某食品ベンチャーインターン中のW大生。インフルエンサーアルファタレントブロガーS先生の学生アシスタントレポーター・報道局学生特派員も務めております。
趣味は海外旅行、野球観戦、カラオケです。自身の経験や独自性を生かした記事を書いていきたいと思います。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 恋愛
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら