最近気になっているのが、回転寿司の「かっぱ巻き」。誰が食べるのか?店で食べるほどのものか?そんなもので腹を満たしても良いのか?他にもっと旨い寿司があるだろう!

あくまで私の個人的な感想なのだが、どうでも良い存在として扱ってきた。嫌いではないが、同じ金を払うのなら別のものを食べたい。

ある時、回転寿司のレーンを見ていて、ふと気づいた。「かっぱ巻き」が3皿4皿、行列で流れていた。そんなに流して誰が食べるのか。

ところが、レーンが2周目にやって来た時には、「かっぱ巻き」が消えていた。つまり、「かっぱ巻き」を食べる人がいる、ということである。メニューとしてあるのだから当然のことなのだが、私には不思議であった。なぜ、きゅうりを巻いただけのものを好んで食べるのか。

もうひとつ、不思議に思う光景を目にしていた。注文品として、「かっぱ巻き」が4皿流れていたこと。注文してまで食べたいのか。そんなに好きなのか。どんな人が皿を取るのかを見ていると、子ども連れの4人家族だった。家族全員が「かっぱ巻き」を好きだということである。「かっぱ一族か!」と、くだらないツッコミを入れてしまうほど、衝撃的な出来事である。

私の偏見は改めなければならない。世の中には、「かっぱ巻き」を好きな人がいるのだと。そこで、「かっぱ巻き」を食べる人の意見をネットで拾い集めてみた。

・脂の多いネタを食べた後、口をさっぱりさせるために食べる。

・歯ごたえのさっぱり感がいい。シンプルだからこそ旨い。

・青臭い爽やかな香りが、鼻からスーッと抜ける。

・わさびがツーンと鼻に抜けていく感覚が心地よい。

・一番シンプルで、シャリの味がわかる。

・わさびのツン、きゅうりのシャキ、酢飯のさっぱり感がいい。

・飽きずにいくらでも食べられる。

大多数の人は、私と同じように「どうでも良い食べ物」として捉えているが、好きな人は少なからず存在する。その理由を知ると、共感できる部分もある。これほどシンプルな食べ物を好んで食べる人は、小粋でお洒落だとも思う。

これで、私の疑問は解決した。回転寿司の「かっぱ巻き」が1周目で無くなるのは、「かっぱ巻き」の奥深さを知る、“寿司上級者”が食べているからである。回転寿司で“上級者”と言うのもためらうが、少なくとも私のような俗物ではないだろう。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス