出典 https://www.instagram.com

第5子誕生のため1カ月間の育児休業に入っていたタレントでミュージシャンのつるの剛士さんが育休最終日、この1ヶ月を振り返り子育てに対する自身の想いをブログに綴り大きな反響を呼んでいます。

育休最終日のブログは「一ヶ月の家庭休業(育休)を終えて。」というタイトルで更新。「早く仕事をいたい気持ちと寂しい気持ちで複雑な胸中です」と心境を告白。6年前にも2ヶ月の育児休暇をとり話題になったのですが、6年ぶりの家事・子育てはやはり中々できない貴重な経験で旦那さん方も仕事に勤しんでるけれど世の中の奥様方も大変な日々を過ごしていることを改めて実感したそうです。

それでは、つるの剛士さんのブログ「一ヶ月の家庭休業(育休)を終えて。」の全文をご紹介します。

朝の1時間半が38秒にならんかなあ~

というわけで、6月もいよいよ最終日を迎え僕の一ヶ月間の家庭休業(育休)も最後の日となりました。

毎日が目まぐるしく過ぎていった一ヶ月。

完全に家の中が中心になりエプロンが私服、戦闘服と化した一ヶ月。

気づいたら一度もヘアセット、コンタクトレンズをしなかった一ヶ月。

殆ど人にも会わず毎日家族と一緒だった一ヶ月。。

今は早く仕事したい気持ちと正直寂しい気持ちとで心中裏腹です。


6年前にも二ヶ月の家庭休業を取らせて頂きましたが、今回は小、中学生に成長した子供たち4人にプラス新しい家族をもう1人迎えながらの一ヶ月ということで、当時とは生活スタイルもだいぶ変化し短い期間ではありましたが前回よりも遥かに密度の濃い期間だったように思えます。

毎日決まって5時30分に起床し23時の就寝まで、普段僕たちが仕事に出かけている時間帯に世の奥さま達は皆さんこんな大変な日々を過ごされているんだなあ。。と、6年ぶりの家庭休業で改めて再確認し、なかなか経験できない貴重で有意義で建設的な毎日を過ごしました。

自分のSNSを見ても、たった一ヶ月前が昔のようで、初日と比べても見える世界もだいぶ変わりました。

短い期間でしたが家族の絆がより深まったこと、改めて基盤固めできたことは後の仕事にも必ず役立つ事でしょうし、生まれたばかりの新生児の世話で大変な奥さんの手伝いができる事は今後の少子化対策にも必ず繋がると思います。(ちなみにウチは打ち止めっす)

なによりも『知れた、理解できた』ということが一番の収穫です。

規則正しい生活になり肩凝りも治りました。笑

-3キロのシェイプアップにも成功しました。

出典 http://lineblog.me

しかしこの一ヶ月はあくまで訓練期間。

じつはこれからが実践、本番ナンデス。

世の中的にはまだまだ簡単に家庭休業(育休)を取れるような社会環境ではありません。

人生2回も取れた僕は本当に有り難く恵まれた環境だと心底感謝しています。

皆さんそれぞれいろいろな立場や環境、状況や考えがあると思います。

なので僕は今後も大手を振って『皆さん育休とりましょう!』なんて無理強いするつもりはありません。

ただ、自分がこの休業中に身を以て経験した事、良かったことや大変だったこと、、等はこれから家庭休業を取ろうと考えている父親の皆様には伝えられたらなあと思います。

やっぱり今回も取ってよかったです。

皆さん各所コメントなどで応援ありがとうございました。

皆さんの「お疲れさま」に日々たくさん助けられました。

明日から引き続き、歌、ライブ、テレビ、諸々。。よろしくお願いします

全国のチビ達諸君、
お父さんお母さんに感謝しなさい。
お手伝いしなさい。

最後になりますが、
早く世の中から「イクメン」なんて流行ワードが消え「普通の父親」と当たり前に言える社会になればなあ~


そんな日本社会を僕は応援しています。

パパママお疲れさま!


2016.630

つるの剛士

出典 http://lineblog.me

ブログの中では貴重な経験をし家族の絆がより深まり、とても有意義な時間を過ごしたこと、そして、育児休暇をとれることへの周囲への感謝の言葉と共に、社会的に父親の育児休暇が取れる環境がまだまだ整っていないことへ触れながら、いかにこの経験が家族にとってかけがえのない時間になるのか身をもって実践し世の中のママ&パパに心のこもったエールを送っています。

そして、これから育児休暇をとろうとしているパパさん達へ「この機会に真剣に家事をやってみてください」「まずママが築いた城をパパ色に再構築」「慣れるまでの最初の一週間が地獄です‬
‪」等のアドバイスも送っています。

~日々主夫が気づいたコトまとメモ~↓↓

‪#‎弁当作りで朝はお腹イッパイ
‬
‪#‎ママみたく上手くないけど愛情は同じ
‬
‪#‎お弁当作り3つも4つも5つも大変さは変わらない
‬
‪#‎4人とも玉子焼きの味の嗜好が違うのが困る
‬
‪#‎キッチン用品や食器の引き出しはパズル
‬
‪#‎人の料理が食べたくなる
‬
‪#‎ママたちがランチが楽しみなのわかる
‬
‪#‎ランチ時間を目標に家事を済ませる
‬
‪#‎SNSに何かと投稿したくなる気持ちわかる
‬
‪#‎誰も褒めてくれないから評価が欲しい
‬
#朝早いから昼間必ず眠くなる

#藤沢市ゴミ出し細かくて複雑すぎ

#藤沢市ゴミの日アプリ便利すぎ

#チビ達のプリント複雑すぎ

#洗濯機3回回し多すぎ

#洗濯物畳むとき誰の服だかわからない

#特に下着

#送り迎えだけで半日終わる

#波情報より夕方の天気予報が気になる

#晴れるとバンザイ

#半乾き臭い

#梅雨うざい

#外出中の雨に絶望感

#洗濯物畳み中なぜか靴下片方だけズボンのポケットから出現

#体操着がピンクに染まる怪奇現象

#念のため取り込んで出かけたのに雨降らない

#子供達の部屋汚すぎ

#帰って来たらこっ酷く叱る

#洗剤ワンプッシュでどれくらいのお皿洗えるか勝手に戦闘モード
#夕食後洗い物終わったらもう寝る時間

#1日がアホみたいに短い

#太陽のアホー

#男の仕事の大変さとは質が違う

#弁当箱包みをアイロン掛けするかしないか迷う

#クックパッドありがとう

#テーブルの角にプリントの山

#たまに雪崩

#食べ終わった弁当箱早く出せ

#ポイントカード忘れた時の絶望感

#何時運転事があるかわからないので夜までビール飲めない

#おかげでビールはノンアル党

#冷蔵庫にベタベタと学校のプリント

#マグネット力の限界値

#家の中だけが基準になっていく

#家族以外誰とも喋らない日がある

#井戸端会議したくなる気持ちわかる

#愚痴りたくなる気持ちもわかる

#ネットショッピングやたらぽちる

#時間に追われて目的達成できない消化不良感

#毎日繰り返し

#ココが男からしたら一番辛いところ

#天国のような日曜日の朝

#ただカラダが自然に早起きしてしまう

#いつも楽しむ方へ発想の転換

#牛乳卵食パンの買い忘れした時の絶望感

#マヨネーズも
#作るの二時間食べるの一瞬

#できれば味の感想を頂きたく思います

#おかわりされる嬉しさ

#食べた食器は水で流せ

#プリントを朝出すな

#行ったと思ったら帰ってくる土曜日

#買い物メモしたメモを家に忘れてくる

#エコバッグに詰め込みすぎ

#コップなるべく洗いたくないから回し飲み

#エプロン取るときのため息が大きい

#主婦の皆さん本当にお疲れさま

出典 http://lineblog.me

さらに、「日々主夫が気づいたコトまとメモ」なども公開したつるのさん。ブログでは感激の声が、この主婦あるあるは多くの共感の声が届き本当に大きな反響を呼びたくさんのコメントが寄せられています。

・涙が出ました。本当に素晴らしいです。
ふふっと微笑しながら泣けてきてしまいました。
あるあるを読んで言葉だけじゃなく実際に
ちゃんと実行されてたんだとゆうことが痛いほどわかりました。
もう、なんてゆうか、つるのさんのことは以前から好きでしたが益々好きになってしまいました!
暖かい家庭を、いつまでも大事にしてくださいね!私には創り上げることができませんでしたがチビ等3人と応援してます!

・1ヶ月お疲れさまです。
主婦あるある全くそのとおりです。
よくぞ、わかっていただいた🙆
これからもご家族仲良く協力して、がんばってください。
この1ヶ月はご家族みなさんにとって、忘れられないとっても良い思い出になったと思います

・主婦あるあるに 笑ってたのに 最後まで読み終わったらなぜか 泣けてきました。
1ヶ月 お疲れ様でした!

・つるのさんのようなお父さんが増えればマタニティーブルーや産後鬱のママさんも減るかもしれませんね。
共感して一緒に子育て、2人の子供だから….2年前に長男を産んだときのことを思い出しました。もうすぐ2人目が産まれるので私もまた頑張ろうと思えました。ありがとうございました。

・一ヶ月間大変お疲れさまでした
何事にも一生懸命で
素晴らしき男性、旦那様、お父さんです☆
つるのさんが、箇条書きに沢山書いてる一言一言
読んでいると涙出てきそうになります
私も旦那と話した事がありますが
「お互いの生活やリズム仕事を理解するために、期間決めて人間交換出来たら、
もっとお互いがわかり合えるし、尊敬出来るし、労れるのにね」
まさに日々忙しく動き回ってる奧さん、お母さんにとって、
こんなに的確に皆さんに発信してくれるつるのさんに感激です

出典 http://lineblog.me

多くのお母さん方、妊婦さんから感激の声や勇気をもらった、乗り越えられそうですとのコメントが寄せられています。

つるのさんの育児休暇は世の中のお父さんだけでなく、お母さん達の背中を支えそっと押しているのではないでしょうか。

早く世の中から『イクメン』なんて流行ワードが消え『普通の父親』と当たり前に言える社会になればなあ~そんな日本社会を僕は応援しています。と日本社会にエールを送ったつるのさん。これから仕事復帰となるのですが、もちろん家庭最優先がむしゃらにお仕事を頑張りながらも家族を見守り支えながら走り続けていくのでしょう。とっても素敵なお父さんつるの剛士さんの益々のご活躍お祈りしています♪

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス