16歳のDestyni Tyree(デスティニー・タイリー)さん

Pinned from teenvogue.com

オレンジ色の学帽を誇らしげに被っているのはワシントンD.CにあるRoosevelt S.T.A.Y. High Schoolを卒業したデスティニー・タイリーさん、16歳。彼女は優秀な成績で飛び級が確定し、2年早く高校を卒業。そしてウェストヴァージニア州にあるカレッジに入学することになったのです。

ここに至るまでにタイリーさんには困難な道のりがありました。今回は、16歳でまさに成功を掴んだタイリーさんのサクセスストーリーをご紹介しましょう。

ホームレス生活をしてきたタイリーさん

Licensed by gettyimages ®

タイリーさんの母親は2年前に失業。経済的にひっ迫したタイリーさん家族は家を手放さざるを得ない状況に。そしてワシントンで一番大きいシェルター(保護施設)に住むことになったのです。

屋根がある生活とはいえ、243人ものホームレス達との共同生活。自分のスペースを確保することなどできません。そんな中、やはりストレスが積りに積もったタイリーさんはいくつかの学校を転々としなければならないほど落ちこぼれたそう。

でも現在の高校に支援プログラムで転入してから、タイリーさんの人生はみるみる変化を遂げたのです。そして「いつかこの状況から抜け出してみせる」という信念で学校生活を送り、優秀な成績をおさめただけでなく、学校のプロム・クイーンにも選ばれチアリーダーとしても活躍。オール5という優秀な成績によっていくつかの賞も取り、16歳で満額の奨学金を得て大学に飛び級となったのです。

「一生懸命やれば、必ずいい生活が手に入れられる」

Licensed by gettyimages ®

高校の校長もタイリーさんの持って生まれたリーダーシップを称賛。「彼女は生まれながらのリーダーです。性格がとても明るくてとてもいい子ですよ。」

タイリーさんの努力の裏には支えていきたい家族への思いもありました。「妹たちのためにロールモデルになりたいんです。一生懸命勉強すれば、絶対に人生の道が開けていい人生が歩めるということを妹たちにも知ってもらいたいのです。」

「年を取ってもホームレスという生活はしたくないんです。人生をより良く生きたい。だからそのための準備も私にはできています。後はそれに向かってただ進み続けるだけ。」頑張ればできるという強い精神で、困難な状況も乗り越えて来たタイリーさん。彼女のひたむきな人生への努力は、経済的貧困のために学校へ行けない人たちの大きな励みとなるに違いありません。

これからも、未来に向かって羽ばたいて行こう!

Licensed by gettyimages ®

「怖い気持ちもあるけれど、同時にワクワクもしています。これまで頑張って勉強した自分をとても誇りに思っています。」というタイリーさん。飛び級で大学進学という快挙を遂げ、これからますます未来へ身けて選択肢が増えることでしょう。

将来、自分のやりたいことを仕事にできるといいですね。そしてこのタイリーさんのサクセスストーリーが多くの人の心に刻まれ、「頑張ればできるんだ」という前向きな気持ちを持つ人が一人でも増えて欲しいと願う筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら