洗濯中に突然の排水エラー。こうなると洗濯機はもう動きません。エラーになった時慌てて業者を呼ぶ前に排水ホースの掃除をしてみましょう。

過炭酸ナトリウムを使って

過炭酸ナトリウム、ちょっと耳慣れない言葉ですが一般的には酸素系漂白剤として売られていることが多いです。身近なものでは食洗機の洗剤として風呂釜の穴洗浄に衣類の漂白剤として使われています。

出典著者撮影

食洗機用(左) 風呂釜穴用(右)

過炭酸ナトリウムの特徴
弱アルカリ性で臭いがなく塩素系に比べ毒性がなく環境に優しい。
形状は顆粒状(又は粉末)で白くお湯に溶かすと洗剤のように白く泡立つ。
効果的水温40~50度。
ただし木製品、金属製品には使えない(ステンレスは可)。毛や絹製品にも向かない。入浴剤の入ったお風呂の残り湯は使えない。

出典著者撮影

過炭酸ナトリウム

排水ホースの掃除

出典著者撮影

・まず排水ホースを取り外す。クリップ式金具をつまんで緩め引っ張ると簡単に外せる。
常時接続式の排水ホース内には水が残っている時があるのでホースを動かし先に排水しておく。

・ホースが入るバケツ等に5リットルの40~50度のお湯を入れ50グラムの過炭酸ナトリウムを入れ溶かす。

・必ずゴム手袋をしてこの中に金属製クリップを外したホースを空気を抜くよう静かに入れ1~2時間放置する。

・綺麗な水で洗い流す。

※5リットルでは入りきらない場合はお湯1リットルに対し10グラムの割合で過炭酸ナトリウムを入れる。

※汚れがひどい場合は事前におおまかな汚れを洗い流し上記の手順を数回繰り返す。

出典著者撮影

このように浸けておきます。

排水口の掃除

・あらかじめ排水口の周りのゴミは取り除き汚れはブラシなどで落としておく。歯ブラシを使うと便利。

・排水口に40~50度のお湯を初めに流し排水口を温め排水口の周りに過炭酸ナトリウムを30グラム(大さじ2杯強)をふりかけ40~50度のお湯を200ml~400ml位少しづつ流し入れ洗浄剤を定着させる。泡が上がったりシュワシュワ音がすればOKです。

・一晩放置後お湯で洗い流す。

※排水管が詰まったような状態では使えない。あらかじめ吸引カップなどでおおまかな汚れを落としておく。

風呂水給水ホースの掃除

内部にかなりのぬめりがついています。

・まず給水ホースを洗濯機本体から外す。ホースの先についている浄化フィルターの蓋を外す。

・ホースがすっぽり入るバケツ等にいれ排水ホースと同じやり方で洗浄する。
40~50度のお湯を入れ定量の過炭酸ナトリウムを入れたらフィルター側から空気を抜くよう静かに入れる。1~2時間放置後水で洗い流す。

※別売りの給水ポンプのホースは通電部分や金具を取り外しホースのみを洗浄する。

出典著者撮影

洗濯機本体からホースを外す時はつまみを押して引っ張ると簡単に外せます。

出典著者撮影

出典著者撮影

月に一度は掃除をすると良いでしょう。
特に排水ホースは汚れがひどくなりやすいので洗濯槽の掃除の時に一緒にした方がいいかもしれません。

この記事を書いたユーザー

平原さあ子 このユーザーの他の記事を見る

1児の主婦。アニメ大好き、潜伏中のイラストレーター。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス