離乳食とは

離乳食(りにゅうしょく)は、乳幼児に対して栄養源を母乳やミルクから切り替えるための食品をいう。離乳食を供する期間を離乳期という。

出典 https://ja.wikipedia.org

毎日毎日メニューを考え離乳食を作ってるママさん。
本当にいつも頭が下がります。

そして離乳食を作り、そのあとに自分たちのご飯を作る。
もう本当に大変な毎日だと思います。

そこで私が経験したことを書きたいと思います。
妻が子育てで疲れ切っていました。
その日は妻が疲れていて食欲がなく、それを見ていた私が
今夜は離乳食でいいよと言った時の
妻の喜ぶ顔がいまだに忘れられません(笑)

子供用の小さなプラスチックのお茶碗に
2/3くらいおかゆを入れて、おかずは梅干しと昆布(笑)
そしてお弁当用の肉団子を2個拝借。

おかゆを1/3くらい食べたころに、アレ?と思う。

満腹感が、、、、、え?いつもなら大人用の茶碗に並々ご飯を盛るのに
(食べるときはお米1合くらいw)
まてまて全然食べてないのに・・・。

そしておかゆを食べ終わるころには完全におなか一杯・・・。

なんとまぁ不思議な感覚でした。

これはもしかしてダイエットにつながるのでは!?と思いましたが
育ち盛りのおっさんには無理でした(笑)

でも長く続けられる方にとってはやる価値はあるかも!?

この記事を書いたユーザー

ぁぃぅぇぉぅま このユーザーの他の記事を見る

子育てに一生懸命なおっさんです♪
文章はへたくそです。
読んでくれてありがとうございます。

得意ジャンル
  • 話題
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら