キャミソール、シースルー、スリット、フリンジ…

あとは夏に敢えてワインレッドなどの秋色のダークカラーを取り入れることなども今年の流行ですよね。

でも、今モード界やセレブが夢中のファッションがあるんです❤️

そう、それは…オフショルダー❤️

出典 http://www.vogue.co.jp

『プリティ・プリンセス』シリーズや『プラダを着た悪魔』、そして最近では『レミゼラブル』での女優としての転身ぶりも記憶に新しいアン・ハサウェイ。
そんな彼女が出産後初の公の舞台に出るにあたって纏ったのはCHRISTOPHER KANEのドレス。もちろんオフショルダーです。
ドレスの繊細な美しさもさることながら、出産を経たアン・ハサウェイの更に増した美しさも素敵ですね。

もちろん、コレクションもオフショルダーが席巻!

出典 http://www.vogue.co.jp

CHLOÉの2016初夏コレクションより。
シックな女性らしさとマチュアな雰囲気と上品なセクシーさが印象的なルックです。

でもこんなの普段着に取り入れられない…

…ですよね。

そんな時は…

おしゃれセレブの普段着ファッションをパパラッチしてみましょ!❤️

出典 http://www.vogue.co.jp

ジェシカ・アルバはカジュアルなマキシマンピースでオフショルダールック。
これなら真似できそうですね❤️

出典 https://jp.pinterest.com

オリビア・パレルモはオフショルダーの白のレースミニワンピース。
グラデーションが鮮やかな籠素材のビッグバッグも夏らしくて可愛いですね!

出典 http://s.ameblo.jp

ルーシー・ヘイルはオフショルダーの白のレーストップスに黒のスキニー、バッグもシューズも黒と一見シンプルなコーデながら、アクセサリーで小技を効かせています。
さすが!

というわけで、早速取り入れてみました

数年前にいただいた、GUCCIのオフショルダートップスを久しぶりに着てみました。

全身はこんなかんじ❤️

オフショルダーですが、カシュクールデザインなので「エロく」ならず、シックで大人っぽい印象のトップです。
ボトムはアンナモリナーリ。
ウエストがすこしゆるいのでベルトでウエストマークをしています。ベルトはなんとH&Mのセールで500円でした笑
ウエストが細めの方はベルト探しが大変だと思いますが、H&Mのバック部分がゴムになっているベルトのXSサイズはサイズが小さいため、売れ残ってセールにかかることが多いです。是非チェックしてみてくださいね。華奢な方だとそれでもゆるいこともあるかもしれませんが、ゴムの部分をお裁縫してお直しすれば解決!

他にはこんなコーデも

アンナモリナーリのカシュクールニットなのですが、サイズ40とわたしにはすこし大きいため安全ピンで留めています。
わたしは普段はあまりネックレスを付けないのですが、ゆったりしたニットなのでオフショルダーのガバッとしたかんじが出過ぎないように、ポイントにForever21のネックレスを合わせました。

全身はこちら❤️

トップにボリュームがあるので、ボトムはタイトに。
本当はフロントリボンのスカートなのですが、ゴテゴテした印象にならないように、ヒップにリボンを持ってきました。

でも肩を出すのにはちょっと抵抗が…そんな方にはこちら❤️

SATCのキャリーも着ていたブランド、CATHERINEMALANdRINOのゆったりめの作りのワンピースを片方の肩だけ落としてアシンメトリーにして着てみました。
アシンメトリーにすることで斜めのラインが出来て、肩や身体全体が華奢に見える効果も期待できます。

もちろんコレクションでも!

新たなデザイナーを迎えたEMILIO PUCCIのルック。
今までとは違うイメージを押し出しながらも、お家芸のあざやかなプリント柄は健在です。

とはいえ、オフショルダーといえば、あの問題が…

そう、「ブラ紐どうしよう問題」。

そんな時はやっぱりこれでしょ!

ヌーブラを始めとする、シリコンブラ

とはいえ本家ヌーブラはお高い上に、洗って繰り返し使えるとはいえ、ある程度使い捨て感は否めません。
というわけでわたしのオススメはこちら❤️

スレンダーな方にはこちらもオススメです❤️

デートの時にはこちら❤️

一足お先にモードな夏のオシャレを楽しみましょ❤️

この記事を書いたユーザー

Mme.Perle このユーザーの他の記事を見る

15歳から海外VOGUE等をバイブルとし、リセエンヌ(※この場合はパリジェンヌ予備軍の意)ごっこと称して授業中にメイクをする日々を送りながら、ファッション感覚でニーチェとダンテを読むJK時代を送る。大学入学後はスペイン語・ギリシャ哲学・倫理学・数学・天文学等々を経て、フランス文学と「必然的偶然」による取り返しのつかない『狂気の愛』に陥り、パリジェンヌもどき街道をハーレー・ダビッドソンで爆走中。
多様性と、社会問題(とくにLGBTと男性の男性性からの解放を含む広義のフェミニズム)に関心あり。あらゆる差別と偏見に反対します。
好きな言葉は“Ce qu'il y a d'ennuyeux dans l'amour, c'est que c'est un crime où l'on ne peut pas se passer d'un complice.”

Instagram:https://www.instagram.com/mme.perle/
Twitter:https://mobile.twitter.com/mme_perle
小説も書いてます:http://ncode.syosetu.com/n5915dm/1/

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス