候補者の票を500の束にして、そこに候補者のバーコードを貼り付け、PCに入力する方式で、故意の犯罪者が、そのバーコードを別の候補者のものとすり替えるという手口が使われている。

期日前投票にも水増し疑惑が浮上。ここに、政党から「開票立開人」によるチェックを入れさせよう!

候補者の票を500の束にして、そこに候補者のバーコードを貼り付け、PCに入力する方式で、故意の犯罪者が、そのバーコードを別の候補者のものとすり替えるという手口が使われている。ここに、監視の目を光らせる必要がある。選挙管理委員会任せにしていたら、この犯罪者がすり抜けるので、憲法擁護の市民が、「開票立会人」となって、これを許さない光の子としての活動を展開する必要がある。また、期日前投票の水増し投票が疑われている。ここにも、光のメスを入れよう。

高松選挙区で、明白に事実が判明しました。これが、日本の選挙の実態。民主主義は、どこに行ったのか? コスタリカ共和国には、選挙最高裁判所があり、憲法オンブズマンが目を光らせ、不正選挙の手口を許さない仕組みを作り上げています。日本でできないはずはない。

ムサシの機械を導入しているところで、pcの設定の段階で、すり替えが可能なように票を操作している実態がある。ここに、光を当て、不正選挙を絶対に許さない参院選2016年となるように、民主主義パワーを発揮しよう!

NEW

これに対し自由党は、定められた時刻より前に数万票が開票されたことや、一部の開票作業が権限を持たない人によって行われたなど「大量の違反行為」があったとして、6月8日に訴訟を起こしていた。

投票用紙を数を管理していない体制に問題の所在あり。白票水増しの犯罪者を追及してもらいたい。選挙管理委員会の内部に、犯罪人がいる可能性が高い。

政党には、開票立会人を選任する枠があります。手を上げて、積極的に、監視の目を光らせてください。

参議院は、地方自治の長が兼任すれば、2兆円は、社会保障予算に回せる。政治家は、お金を使いすぎ。生活者感覚を見失った日本の政治は腐敗と悪徳の温床。いつまで、この政治を容認するのか?主権者としてできることはまだまだあるはず。不正選挙を許したら、民主主義は崩壊。コスタリカ共和国には、選挙最高裁判所があり、不正を許さない「憲法オンブズマン」によって、選挙の不正は監視されている。日本でも、この第四の権力が必要不可欠。

年金の株運用が半分もあり、リスクの高い海外株に投資したため、その資金が●兆円単位で目減りしている。こんな行政の落ち度を許していいのか? 年金の投資先は、国内の緑の分権に回すべき。地方では、マンパワーと資本金がないために、豊かな国土の実りを生かせないでいる。ここに、年金積立の資金を投入すれば、雇用は生まれ、貧困は解決でき、さらに、税に頼らない生活システムを作り出すことができる。私は、2010年から、内閣府の地域社会雇用創出事業などに参画しつつ、その平和学的研究を続けてきたので、投資さえしてもらえれば、地域社会に実りをもたらすことができるアイデアを出すことができる。

今、国際社会は、第三次世界大戦に突入している状況であり、海外への資金投資には、大きなリスクが伴う。なぜ、日本の働く人の年金が、こんなバカげた投機に使われるのか?こんな政治を許してはならない。

思考停止、情報難民、にはならない。アンテナを張って、正しい情報を入手できるよう
引き寄せの原則で、平和を引き寄せよう!

候補者の訴えのレポート。いいとこどりの夢想家にも注意が必要ですね。政治は、現実を動かす活動。着実な働きができる人を選びましょう。

領収書さえあれば、政治資金として処理できるという慣習が、自民党の政治資金収支報告書にあるという実態ですね。

この記事を書いたユーザー

山下 安音 このユーザーの他の記事を見る

平和を作り出す子どもたちの世界ネットワークを目指しています。コスタリカ共和村の山下由佳(ペンネーム 山下安音)です。アンネフランクの意志を継ぎ、世界と人類のために働くことが、私の使命。平和学研究とピースジャーナルをライフワークとしています。特に、政策立案、起業立案を皆様に、ご提供したい。本物の地球守りさんとエコロジストと知り合いたい。

得意ジャンル
  • 音楽
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス